AWSトレーニングの英日字幕 - AWS Cloud Practitioner Essentials (3): Core Services

AWS Cloud Practitioner Essentials: Core Services

主要なサービス

AWS Services and Categories

Hi, I'm Mike Blackmer for Amazon Web Services Training and Certification.
In this module we'll cover the services and categories for AWS, and a little bit about AWS documentation.
AWS offers a broad set of global cloud base products that can be used as building blocks for common cloud architectures. There are many different services that each product offers.
Some of the categories will discuss in this module include compute, storage, databases, networking and security.
Let's take a moment to look at each of these categories.

こんにちは、アマゾンウェブサービス (AWS) Training and Certification の Mike Blackmer です。

このモジュールでは、AWS のサービスとカテゴリについて説明します。
また、AWS のドキュメントについても少し説明します。
AWSでは、一般的なクラウドアーキテクチャを構築する要素として、グローバルなクラウドベース製品を幅広く利用できます。
各製品には、様々なサービスが用意されています。
このモジュールで説明するカテゴリには、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、セキュリティといったものがあります。
少し時間をとって、それぞれのカテゴリを確認していきましょう。

Now what I've done is open a browser to "aws.amazon.com".
This is our front page.
If I scroll down a little bit, you can see this section called [Explore Our Products], and the place of all our products and services into different categories.
So for example if I click on compute, I can see Amazon EC2 as the first on the list, but a lot of other products and services that show up in the compute category.

まず、ブラウザで aws.amazon.com を開きました。
これが、AWS のフロントページです。
下にスクロールすると、「製品を調べる」セクションがあります。
ここでは、すべての製品とサービスがカテゴリ別に表示されています。
例えば、[コンピューティング] をクリックすると、リストの最初に Amazon EC2 が表示されます。
コンピューティングカテゴリには他にも多くの製品やサービスがあります。

If I were to click on the Amazon EC2, it brings you to the Amazon EC2 main page.
Which happens to have the URL "aws.amazon.com/EC2".
And it gives you a little bit of a, it gives you kind of an opening statement about the product a more detailed description and it lists some of the benefits.
Additionally along this row we can see [Product Details], [Instance Types], [Pricing], [Getting Started], [Frequently Asked Questions], and other [Resources].
So if I click on [Product Details], you can get more information about EC2 functionality.

[Amazon EC2] をクリックすると、Amazon EC2 のメインページが表示されます。
URL のメインページが表示されます。
URL は http://aws.amazon.com/EC2 です。このページには、製品の簡単な紹介メッセージ、詳細な説明、製品の利点が掲載されています。
また、上の列には、[製品の詳細]、[インスタンスタイプ]、[料金]、[開始方法]、[よくある質問]、[リソース] という項目があります。
[製品の詳細] をクリックすると、Amazon EC2 の機能を詳しく確認できます。

So I'm going to go back to that front page, and click on [Storage].
And under [Storage], we can see Amazon S3, Amazon EBS, and so forth a lot of other Storage options would appear here.

次に、フロントページに戻り、[ストレージ] をクリックします。
[ストレージ] の下には、Amazon S3、Amazon EBS など、多くのストレージオプションが表示されています。

Under [Database] we can see Aurora, Amazon RDS, Amazon DynamoDB, Amazon Redshift, and some of the other options.

[データベース] の下には、Aurora、Amazon RDS、Amazon DynamoDB、Amazon Redshift などのオプションが表示されます。

Now if we want to find Amazon VPC, it actually shows up under [Compute], because it is a required component, in order to isolate your compute resources, and it shows up under [Networking & Content Delivery], Amazon VPC.

Amazon VPC は、コンピューティングリソースを隔離するために必要なコンポーネントであるため [コンピューティング] の下に表示されますが、[ネットワークとコンテンツ配信] の下にも表示されています。

And if we go to [Security, Identity & Compliance], we can see [AWS Identity & Access Managemer†].
And clicking on that, if can give us some more information there.

[セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス] には [AWS Identity and Access Management†] が表示されています。(†製品名は邦訳の通り) これをクリックすると、製品を詳しく確認できます。

But what I would like to do now is a talk about documentation, and this is really well documented.
So I can scroll up to the top, and instead of exploring the [Products†], we can go right into [More] and [Documentation].
We can get any user documentation for any product. If you noticed I have not logged in to the console, so I'm accessing to this just as a public user.

次に説明するのはドキュメントです。非常に優れたドキュメントが用意されています。
上にスクロールし、「製品を調べる」(†"Exprore Our Products" が HP での正しい記載) セクションではなく、ページの右側で [詳細]、[ドキュメント] の順にクリックします。
あらゆる製品のエンドユーザー用ドキュメントが用意されています。
現在、私はコンソールにログインしていないため、一般ユーザーとしてアクセスしています。

Amazon EC2, and you have all the documentation of userguide for Linus, for Windows, the API Reference, and CLI Reference.
This is a fantastic stuff here.
And this is going to be available for pretty much anything that we have.

では Amazon EC2 のドキュメントを見てみましょう。Linux や Windows 用のユーザーガイド、API リファレンス、AWS CLI リファレンスなど、すべてのドキュメントをここで閲覧できます。
ドキュメントは非常に優れたリソースです。
すべての AWS 製品向けにこうしたドキュメントが作成される予定です。

So now on the documentation I can select [Products], [Storage], [S3], select [Documenation].
[Getting Start Guide], [Developer Guide] and so forth.

次に、ドキュメントのページ内で、[製品]、[ストレージ]、[S3] の順にクリックします。表示された S3 のページで [ドキュメント] をクリックすると、入門ガイドや開発者ガイドなどを閲覧できます。

This presentation was really a way to introduce you to the categories and sevices that are available on AWS.
And show you how get more information by going to "aws.amazon.com".

For AWS Training and Certification, I'm Mike Blackmer.

このプレゼンテーションでは、AWS で利用できるカテゴリやサービスを紹介しました。
また、http://aws.amazon.com にアクセスし、詳細情報を入手する方法についても説明しました。
AWS Training and Certification の Mike Blackmer でした。
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.