2
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

Laravel ~Routeで、接続先を変える方法~

✧MVCモデル編(第2幕)✧

image.png

前回の続き(前回をご覧になってない方は、第3章を読むことをお勧めします)

今回は、routeフォルダの中から、接続先を変える方法について学んでいきます。

Routeの書き方

Route::get('フォルダの場所', '飛ばした先のアクセス先');

といった形で、処理を書く事ができる。
例として、、、route内に以下の文を書く

Route::get('tests/test', 'TestController@index');

すると、tests/test内にあるTestController@indexが呼び出されるという訳である。

TestControllerに、飛ばした後は、Testcontroller内に、以下の文を記述する。

    public function index(){
        表示したい内容(今回は↓にする)
        return view('tests.test');
    }

return view('tests.test');は、viewに飛ばすといった指示なので、(事前にresourse/viewsの中に、testsというフォルダを作って、その中にtest.blade.phpを作る事で)移動することが出来る。

ワンポイントアドバイス

・viewフォルダの中にあるファイルは、.bladeを基本的にはつけるようにすること。

例えば、作ったtest.blade.phpの中に、testと入力すると、、、
image.png

こんな感じで、入力された文が、routeを伝って、表示される

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?