Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kibana の開発環境構築

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Elastic Stack (Elasticsearch, Kibana など) の OSS 貢献のため、git clone から Kibana の開発環境構築をしました。
そのときのメモです。

Elasticsearch

JDK のインストール

JDK 11 が必要。

「OpenJDK 11 を Homebrew で macOS にインストールする」を参考にインストール。
2019年3月13日現在は v11.0.2 が brew で取得できた。

~/.bash_profile に以下を追記。

export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 11`

以下を実行して環境変数 JAVA_HOME を設定する。

source ~/.bash_profile

ビルド&起動

クローンする

$ git clone git@github.com:elastic/elasticsearch.git

Kibana

nvm

Mac環境のインストールメモ (2019年3月) - nvm」に沿ってインストール。

yarn

Mac環境のインストールメモ (2019年3月) - yarn」に沿ってインストール。

ビルド

Elasticsearch をクローンしたディレクトリと同じ階層にクローンしてビルド。

$ git clone git@github.com:elastic/kibana.git
$ cd kibana
$ nvm install
$ nvm use
$ yarn kbn bootstrap

Elasticsearch の起動

Elasticsearch をビルド & 起動する。

$ yarn es source

以下のように表示されたら、ブラウザで http://localhost:9200/ を開いて、JSON が表示されたかどうかで起動確認を完了。

license [XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX] mode [basic] - valid

Kibana の起動

Kibana を起動する。

$ yarn start

以下のように表示されたら、ブラウザで http://localhost:5601/ を開いて、Kibana の画面が表示されることを確認する。

[info][listening] Server running at http://localhost:5603/yrf
[info][status][plugin:spaces@8.0.0] Status changed from yellow to green - Ready

参考情報

Teloo
Web エンジニア。 以前は Java を使っていましたが、今は PHP + JavaScript を主に使います。
openlogi
物流はこれから、テクノロジーによりダイナミックに変化する業界です。物を作る人とそれを欲しい人、その間の物流や配送がすべてネットワーク化された、需要と供給が最適化される次世代のインフラづくりを私たちは目指しています。
https://openlogi.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした