Java
オブジェクト指向
デザインパターン
GoF

Java言語で学ぶデザインパターンまとめ

はじめに

Qiita初投稿です。

Java初心者脱出の為に
増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門
を購入したので学んだことをまとめようと思います。

GoF デザインパターン一覧

  • 01 - パターンに慣れる
  • 02 - サブクラスに任せる
    • Template Method
    • Factory Method
  • 03 - インスタンスを作る
    • Singleton
    • Prototype
    • Builder
    • Abstract Factory
  • 04 - 分けて考える
    • Bridge
    • Strategy
  • 05 - 同一視
    • Composite
    • Decorator
  • 06 - 構造を渡り歩く
    • Vister
    • Chain of Responsibility
  • 07 - シンプルにする
    • Facade
    • Mediator
  • 08 - 状態を管理する
    • Observer
    • Memento
    • State
  • 09 - 無駄をなくす
    • Flyweight
    • Proxy
  • 10 - クラスで表現する
    • Command
    • Interpreter

個別記事は順次追加していきます。
順番は書籍に従っていますが、後ほど変更するかもです。

GoF デザインパターンとは

  • デザインパターン
    • 様々なプログラムで再利用できる汎用的な設計パターン

  • GoF (The Gang Of Four)
    • エーリヒ・ガンマ
    • リチャード・ヘルム
    • ラルフ・ジョンソン
    • ジョン・ブリシディース

上記の4人のソフトウェア設計者達が、
オブジェクト指向において
「こうすると再利用・拡張・変更がやりやすくなるよね」
「この問題に対してはこういうパターンの解決策があるよね」
といった典型的な設計手法を蓄積、まとめていき、
パターンごとに名前をつけてカタログ化したものが
GoF デザインパターンです。
全23種類あります。

補足

  • Java標準ライブラリの中にもデザインパターンが使われている
  • 一部のパターンは古いもの、アンチパターンとなっているので注意する
  • クラスの「役割」を理解する
  • どのような機能拡張が考えられるか 拡張する場合、修正が必要なクラスはどれかを意識する

おわりに

GoFデザインパターンは既に多くの方がまとめていますが、
自分への備忘録・アウトプットの場としてやっていきます。
全23パターン完走できるように頑張ります。