Help us understand the problem. What is going on with this article?

railsアプリをgithubとherokuにpush

More than 1 year has passed since last update.

1.github

gitのユーザー設定

初めてgitを使う方はconfigに設定を記述する必要があります。
コマンドを用いることでconfigファイルを開かずとも編集可能です。

$ git config --global user.name "[ユーザー名]"
$ git config --global user.email "[アドレス]"

ローカルリポジトリの作成

Git init

ファイルの変更をコミットする

ファイルの編集履歴を保存するには、2つの手順を踏む必要があります。(githubに変更をプッシュする場合はここから)
git addでインデックスし、 git commitでコミットします。

$ git add [ファイル名]
$ git commit -m "[コミットメッセージ]"

# インデックスのバリエーション~~~~~~~~~
$ git add .   # gitが管理する全てのファイルをインデックス
$ git add -u  # 最新のコミットから変更があったもの全てインデックス

githubのリモートレポジトリにプッシュする

git push コピーしたSSHプロトコルURL master

参考)
macでgit使いになるために抑えておきたいコマンド(基礎編)
https://qiita.com/Yama-to/items/25b87e7089bc4803a538


2.Heroku

githubにプッシュしたのち・・・

アセッツプリコンパイルするように設定変更

(config/encironments/production.rb)

config.assets.compile = false

こちら「falseをtrueに書き換えて」保存します。

heroku新規アプリ作成

$ heroku create

自分だけかもしれませんが・・・

 通常heroku create でgitの送信先リモートレポジトリがその新規アプリケーションに変更されるようです。
 ところが自分の場合これがなされない。既存のアプリのリモートレポジトリのままのことがあります。

 gitの送信先リモートレポジトリを確認しておきましょう。

Git remote -v

 送信先が新規アプリケーションのurlになっていなかった場合、リモートのプッシュ先urlを変更しましょう。(この場合はheroku)

git remote set-url heroku https://git.heroku.com/morning-coast-22977.git

herokuにデプロイ

git push heroku master

データベースの移行

heroku run rake db:migrate

herokuのコマンド

・アプリ削除
heroku run rake db:migrate

・ログをリアルタイムで
heroku logs -t

・heroku上でコンソールを起動
heroku run rails c

・heroku上でシードデータを挿入
heroku run rails db:seed

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした