geth puppethを使った プライベート・ネットワーク立ち上げ

Ethereumクライアントのgethを使って、プライベート・ネットワークを作成します。

プライベート・ネットワークを作成する際、本来自分でgenesisファイルを作成しなければならないのですが、gethに搭載されているpuppethというツールを使うことで、簡単にgenesisファイルが作成できます。

(puppethの解説⬇️)
https://blog.ethereum.org/2017/04/14/geth-1-6-puppeth-master/
https://modalduality.org/posts/puppeth/

❶puppethでgenesisファイル作成

private-netというフォルダをホームディレクトリ配下に用意しました。以降、このディレクトリでコマンドを実行します。

qiita.rb
$ puppeth
+-----------------------------------------------------------+
| Welcome to puppeth, your Ethereum private network manager |
|                                                           |
| This tool lets you create a new Ethereum network down to  |
| the genesis block, bootnodes, miners and ethstats servers |
| without the hassle that it would normally entail.         |
|                                                           |
| Puppeth uses SSH to dial in to remote servers, and builds |
| its network components out of Docker containers using the |
| docker-compose toolset.                                   |
+-----------------------------------------------------------+

まず、ネットワークに名前をつけます。

Please specify a network name to administer (no spaces or hyphens, please)
> privateNetwork

2番を選択します。

What would you like to do? (default = stats)
 1. Show network stats
 2. Configure new genesis
 3. Track new remote server
 4. Deploy network components
> 2

コンセンサスアルゴリズムを選びます。今回は、1番のproof-of-workを選択します。

Which consensus engine to use? (default = clique)
 1. Ethash - proof-of-work
 2. Clique - proof-of-authority
> 1

今回は、prefundしないので0xのままenter。

Which accounts should be pre-funded? (advisable at least one)
> 0x

ネットワークIDを指定します。今回は4224を指定します。

Specify your chain/network ID if you want an explicit one (default = random)
> 4224
INFO [04-08|22:33:57] Configured new genesis block 

What would you like to do? (default = stats)
 1. Show network stats
 2. Manage existing genesis
 3. Track new remote server
 4. Deploy network components
> 
INFO [04-08|22:34:14] No remote machines to gather stats from 

2番を選択し、genesisブロックを操作します。

What would you like to do? (default = stats)
 1. Show network stats
 2. Manage existing genesis
 3. Track new remote server
 4. Deploy network components
> 2

2番を選択し、genesisファイルをエクスポートします。

 1. Modify existing fork rules
 2. Export genesis configuration
 3. Remove genesis configuration
> 2

enterをクリックします。

Which file to save the genesis into? (default = privateNetwork.json)
> 
INFO [04-08|22:34:35] Exported existing genesis block 

What would you like to do? (default = stats)
 1. Show network stats
 2. Manage existing genesis
 3. Track new remote server
 4. Deploy network components
> ^C

⇨privateNetwork.jsonが作成されているはずです。これがgenesisファイルです。

❷プライベートインスタンスの初期化

$ geth --datadir ~/private-net init privateNetwork.json

⇨geth, keystoreファイルが作成されます。

また、アカウントを作成することができます。(パスワードを設定してください)

$ geth --datadir . account new

❹startnode.shファイル作成

startnode.sh
geth --networkid 4224 --mine --minerthreads 1 --datadir "~/private-net" --nodiscover --rpc --rpcport "8545" --port "30303" --rpccorsdomain "*" --nat "any" --rpcapi eth,web3,personal,net --unlock 0 --password ~/private-net/password.sec --ipcpath "~/Library/Ethereum/geth.ipc"

注)private-net部分は、自分が作成したディレクトリ名に変更してください。

各オプションの意味は、下のリンクをみてください。
https://book.ethereum-jp.net/first_use/connect_to_private_net.html

次に、アカウントロック解除用の、パスワードファイルを作成します。

password.sec
****

❺プライベートネットワーク立ち上げ

先ほど作成したstartnode.shのアクセス権を変更します。

$ chmod +x startnode.sh

startnode.shを実行します。

$ ./startnode.sh

⇨プライベートネットワークが立ち上がります。

❻gethコンソールの操作

geth attach
>  eth.accounts
["0x4563747acfa25bbca20438a81bdd516529670dc7", "0x540e5d6b883c345120bc244ab1194fe69e799ac1", "0xf68778cf200251c46d047f05eca60cb9fd4c63ef"]

> eth.getBalance(eth.accounts[0])
5.991e+21

などなど。

gethコンソールの操作は以下のリンクをみると良いと思います。
https://qiita.com/amachino/items/b59ec8e46863ce2ebd4a

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.