Kotlin
exif
GoogleMapsAPI

【Kotlin】緯度経度変換器

はじめに

Exifで取得した緯度経度をGoogleMapApiとかで使いたい時に変換調べるの面倒なのでまとめておきます。

['35/1', '48/1', '986/100'] みたいな文字列型を (35 / 1) + (48 / 1 / 60) + (986 / 100 / 3600) してDouble型で返します。

参考: 画像ファイルのEXIFタグから撮影日時と位置情報を取得する際のTips

サンプル

fun LngLatConverter(origin:String):Double{
        val origins=origin.split(Regex(","),0)
        val freq=origins[0]
        val freqs=freq.split(Regex("/"),0)
        val min=origins[1]
        val mins=min.split(Regex("/"),0)
        val sec=origins[2]
        val secs=sec.split(Regex("/"),0)

        val reFreq=freqs[0].toDouble()/freqs[1].toDouble()
        val reMin=mins[0].toDouble()/mins[1].toDouble()/60
        val reSec=secs[0].toDouble()/secs[1].toDouble()/3600

        return reFreq+reMin+reSec
    }