Edited at

ほぼ独学でandroidアプリ開発した人がgoogle play consoleで時限公開した時の手順とか

More than 1 year has passed since last update.

アプリの更新版リリース時間を制御したくて時限公開を使ってみたら、「えっ!これってどこまで進めていいの!?」ってなったので、備忘録もかねて記録を残そうと思います。

当記事ではタイトルの通り、ほとんど独学でAndroid開発をしている人が実際に踏んだ手順とその結果を記しています。

致命的な間違いなんかはないと思いますが、このやり方を真似するときは公式ドキュメントも読んでから決めることをお勧めします。


時限公開 is

androidアプリは普通の手順でリリースすると、play consoleで公開ボタン押してからplay storeに表示されるまで最大数時間かかります。

時間指定公開を設定しておくと、公開ボタンをポチったら即play storeに反映できるという仕組み。事前にリリース時間を予約できるわけではないです。

この機能以前は時限公開って呼ばれてたんですが、現在公式ヘルプは時間指定公開と書いてました。

まあどっちにしろ「即時公開」とかに名前変えた方がいいと思うんですけどねー

尚、2018/1/31現在 play storeの時限公開は既存アプリのリリースでしかできないようなので、この記事が役に立つのはアップデートリリースのみとなります。

ご注意ください。


スタート地点


  • google play で公開しているアプリのアップデートをしたい


  • APIとかDBとかも同時にリリースするので時間指定か手動でぽちったらすぐに公開されないと困る


  • androidアプリ開発者なんて周りにいないし自分も経験ないので大体手探りで作業 (ポイズン)


  • 万が一のミスがこわいのでテスト配信はfabric使ってる

FireShot Capture 72 - アプリの公開 - Play Console ヘルプ_ - https___support.google.com_googlep.png


実際に実施した手順

せっかくなのでいつも実施している手順も含めて書いておきます。

テスト配信はfabric使ってますが、ミスが怖いのでベータ版リリース→動作確認→製品版に公開っていう手順を踏んでいます。

後からとったのを除いて、スクショはあんまりとっていないですごめんなさい…


1. Android Studio でrelease.apk

すでにアプリをリリースしたことがある前提ですので、ここの手順は割愛。

ggればこの手順はすぐに出てきますし。


2. play console ログイン


3. リリースするアプリ選択


4. リリース管理 > アプリのリリース > ベータ版を管理


5. テスターの管理 の内容確認


登録内容が↓で間違いないか確認。

テスト方法 : クローズド ベータ版テスト

ユーザー  : 開発内部チームのメールアドレスのみ登録されている

キャプチャ_ベータテスト方法_消し.jpg


6. リリースを作成 > apkをドラッグ&ドロップしてアップロード


7. リリース内容の説明いれたりして保存 > 確認して公開


8. 配布アプリ確認


30分経たないうちにベータ版インストールできるようになるので、テスト用端末で確認。

※テスト用googleアカウントで手順5画像のオプトインURLを開くとインストール画面が開ける

リリースしたい内容がちゃんと入ってるかここで最終確認します。


9. ストアでの表示 > ストアの掲載情報 > 時間指定公開 > オンにする

再びconsoleに戻ってリリース管理画面で時限公開設定

昔(2017/9)は、リリース管理画面の上の方にボタンがあったと思いますが、現在(2018/1)は場所が変わって「ストアの掲載情報」画面下部にありました

こちらの手順も変更されてます。


キャプチャ_時限公開_doc.JPG


キャプチャ_消し.jpg


10. ストアの掲載情報編集 > アップデートを送信

※このリリースではアプリ詳細説明等の修正もしました。

掲載情報を編集すると「アップデートを送信」ボタンが押せるようにになるので送信。


キャプチャ_アップデートを送信.JPG


11. ベータ版を管理 > 製品版に公開

この時点で、画面の上部に「時間指定公開」という表示が現れるようになったのを確認。


キャプチャ_時限公開header_消し.jpg


12. 保存 > 製品版として公開開始

ベータテストを使わずに、最初から製品版リリースとしてapkをアップロードしてる人には、ボタン名が「公開の確認」となっているかもしれません。


https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/7159011?hl=ja&ref_topic=7072031


キャプチャ_時限公開2_消し.jpg


この手順まで実施すると、アップデートのアップロード処理が実行されます。

数十分~数時間で即時公開できるようになります。


13. 公開ボタン押下ができるようになっていることを確認

しばらく待つと画面上部の公開ボタンが押下可能になります。

これで時間指定公開準備完了です。あとはリリース予定時間まで待機。


キャプチャ_公開準備完了.JPG


14. 公開ボタンクリック


体感で1分くらいでアプリがplay storeに公開されました。

無事に終わってよかったー!!


戸惑ったことと後からわかったこと


戸惑ったこと


  1. リリース管理画面のアクティビティが時間指定公開の変更ログに表示されなかった


  2. 時限公開ではストアの掲載情報とアップデートリリース両方まとめてできるのか、それぞれ別なのか公式のヘルプではわかりにくい

    →普通に考えると全部一括で公開準備→時限公開なんですが…

    ガイドラインには「ストアの掲載情報から時間指定公開できるよ」「公開する準備が整ったら[公開]でアップデートを公開するよ」書かれていますが、「手順2:アプリを更新する」の更新方法がストアの掲載情報を更新する手順で、リリースを登録する(リリース管理画面の)手順らしきことは何も書かれていませんでした。

    もしもリリース予定日よりも前にアプリが公開されてしまったら…:(;゙゚'ω゚'):


  3. リリース管理画面で最後(「製品版として公開開始」)までやっていいかわからなかった

    ↑の話とつながってます。ボタンには「公開開始」なんて書かれているが、時間指定がオンになっていれば公開されない?



後になってわかったこと



  1. いまだに理由は不明

    このあたりが原因にかかわっているのかなと疑っています。


    • リリースapkをアップロードしてから時限公開をオンにした

    • ベータ版テストを利用した



  2. アップデートバージョン/ストアの掲載情報どちらも一緒に時限公開可能

    時間指定公開をオンにしておけば、リリースも掲載情報の更新も準備ができた状態で止まってくれます。


  3. 「製品版として公開開始」まで実施してOK

    ちゃんと公開は止めておいてくれます。

    むしろ、ここまで実施しないとアップデートの処理がされないため、公開ボタン押下できないか、押下しても公開してくれないと思われます。

    「製品版として公開開始」ボタン押した後も紛らわしい表示ですが、play storeで確認するとリリースは公開されてませんでした。

    キャプチャ_時限公開3_消し.jpg


「この辺やり方間違っているよ」「こうしたほうがいいよ」等ありましたらコメントをしてくださるととてもうれしいです。