Markdownのリンクフォーマットを生成するコマンドを自作した

  • 2
    Like
  • 1
    Comment

背景

詳しくは過去に書いた記事を見てみてください。

ソースコードはGitHubに公開しています。

環境

  • maxOS Sierra version 10.12.6
  • Python 3.6.1

Pythonがインストールされている環境を前提としています。

デモ

https://gyazo.com/755fb3175e4e4d54511c2e76c2c35c4b

仕様

URLを入力すると、Markdownに最適な形式で、webページタイトルとURLを出力します。出力結果はコンソールに表示すると同時に、クリップボードにもコピーされます。

準備

  • 以下のコマンドを打ってください。
git clone https://github.com/struuuuggle/GetLinkFormatForMarkDown.git
cd ./GetLinkFormatForMarkDown
sh setup.sh
// パスワードの入力が求められます
  • これで準備は終了です。

使い方

$ grl
Type URL(or exit)
> <ここにURLを入力>

ひとこと

grl <URL>みたいにURLはコマンドライン引数で取得した方がよくね?」って思う人、たくさんいらっしゃると思います。
でもリンクを生成する度にgrlって打つ方が面倒臭いと僕は思うんですよね。常にURL入力待ち状態にすることで、「ブラウザーでURLをコピー」→「ターミナルに貼り付け」の流れがスムーズになり、「参考URLをメモっておくこと」のハードルが下がるので、あえてこのような入力形式にしています。