Chrome
chrome-extension
ChromeExtension
WebApps

Chromeアプリを自分で日本語化してみよう

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Chromeウェブストアで配信されている拡張機能は、使いたいアプリが英語であることが少なくありません。

そのため、英語が分からず利用を断念しがちです。

でも、言語ファイルを操作すれば、英語で困ることもなくなります。


自分が英語を知らなくても翻訳できる?

できます。自然語は期待できませんが、Google翻訳などを通せば簡単に日本語化できます。


翻訳の準備

通常は、C:\Users<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions<拡張機能ID>\ に拡張機能があります。

そして、_localesフォルダに、en-usフォルダや、ja-jpフォルダに言語ファイルがあります。

chrome-ext-dir.PNG←これが拡張機能たちのフォルダ

しかし、こんなランダムな文字列なのに、どうやって特定の拡張機能だとわかるようになるのでしょうか。

そのときは、chrome://extensionsにアクセスして、IDを確認しましょう。

chrome-ext-url.PNG←URLを入力

chromeExtID.PNG

青で囲んだ部分がアプリのIDです。例えば、Googleドキュメントの場合は、aohghmighlieiainnegkcijnfilokakeだとわかります。

そこから先ほどのフォルダにアクセスします。すると、バージョン番号の名前のフォルダがでてきます。

chrome-ext-folder.PNG

↑がバージョン番号のフォルダです。これを開きます。

chrome-extMainDir.PNG

すると、ようやく拡張機能のファイルが出てきます。上に「_locales」というフォルダがあります。それを開きます。

chrome-ext-localeDir.PNG

すると、またまた、「bg」とか「en_US」とかいっぱいでてきます。

よくあるのは、「en_US」フォルダだけあるということです。

ここではen_USフォルダを開きます。

chrome-ext-localeJSONdir.PNG

すると、フォルダ内に「messages.json」があります。それを編集して日本語化します。

messages.jsonをAtomなどで開いてください。

chrome-messagesJSON.PNG

これがmessages.jsonです。データ形式はJSONです。例としてはこうです。


messages.json

 {

"メッセージ名":{
"description":"どんなメッセージなのかの説明",
"message":"メッセージ本文"
}
}

あとはGoogle翻訳などを通してmessageキーの内容を翻訳します。

そして、翻訳できたら、保存するまえに、_localesフォルダに「ja」フォルダを新規作成します。

chrome-locales-ja.PNG

そこにmessages.jsonを保存してください。これで翻訳は完了です。

Chromeを開いている場合は一旦終了し、再度起動してください。すると、日本語化されているはずです。