Android
gradle
android開発

Androidアプリをコマンドラインからビルドする

「Android Studio、結構メモリを食うので、貧弱なパソコンでアプリを開発するのは無理。」

そんな時代、もう終わりです。

アプリはコマンドラインからでもビルドすることができます。


Gradleの便利さ

以前も、コマンドラインからビルドすることはできましたが、Gradleを採用していなかったため

いろいろなコマンドを実行し、コンパイル、ビルド、APKの生成・署名を行う必要があって

非常にめんどくさい処理でした。

そして、Googleがリリースした新しいIDE「Android Studio」では、新しいビルドシステムが導入されて効率がアップしました。

その恩恵はコマンドラインでも受けることができます。


ビルドは「gradle assembleXXX」!

いきなりの見出しでびっくりしたかもしれませんが、これだけでビルドできます。

Gradleは、Gradle公式サイトを参考に導入します。

Windowsでも、Macでも、Linuxでもコマンド操作は基本的に同じです。

まずコンソールを起動し、ビルドしたいプロジェクトのフォルダへ行きます。

そこで試しに

gradle

と一度入力して実行してみます。

問題なければ

> Task :help

Welcome to Gradle 4.10.2.

To run a build, run gradle <task> ...

To see a list of available tasks, run gradle tasks

To see a list of command-line options, run gradle --help

To see more detail about a task, run gradle help --task <task>

For troubleshooting, visit https://help.gradle.org

BUILD SUCCESSFUL in 1m 16s
1 actionable task: 1 executed

と出力して終了します。

もし、SDKのディレクトリがおかしいというエラーが出た場合はlocal.propertiesの、sdk.dirを確認します。


ビルドタイプ:リリース

リリース用にAPKを生成する場合はgradle assembleReleaseを実行します。


ビルドタイプ:デバッグ

デバッグ用にAPKを生成する場合はgradle assembleDebugを実行します。


その他タスク

その他、デバイスにAPKをインストールするタスクもあります。

詳細はgradle tasksgradle tasks --allを実行します。