VSCode

atom推してたけどVSCodeが良い話<超ミニ記事>

カスタマイズ性は良いんだ。カスタマイズ性は。
拡張性も良いんだよ。
ただ一つ問題点があるんだよ。


補完が使い物にならない。


JavaScriptとか、メジャーな言語ならまだしも、UnityのC#とか、少しでも特殊だと対応できない。(もちろんC#自体の補完は良い)

ここまで言って何が言いたいかというと、Unityの補完がない
Unityだけの何か、というものに対応できない。
そこで、Unity公式でオススメしてるVS....は重すぎ&でかすぎで入らなかったので
コレ
スクリーンショット 2018-03-25 6.27.46.png
Visual Studio Code、入れました。
流石にすぐに対応できたわけではないけど、シンプルで機能性もあるので慣れる。Gitのサポートもあるし、拡張機能の質が高い。
一つだけ問題点をあげるとしたら、エラーの表示がうるさい。プロジェクト自体には関係ないものまでしつこく言ってくる。
Unityの補完の仕方は、VSCode Unity 補完 みたいなワードで検索して見てください。

まとめ
UnityするならVisual Studio Codeで十分だ
まぁ他のものもつかったり、もっとちゃんとしたものを使いたいならVSでも良いけど..
VSが動かない人はこれで大丈夫、って話。