vagrant
Vagrantfile

【備忘録】Vagrantfileでよく設定する項目

Vagrantとは

e6592eb6fe8d52fda29b36b91371bb0c.gif

VirtualBox等の仮想化ソフトウェアは便利に扱うための仮想開発環境構築ソフトウェア。
仮想環境の構築・破棄・共有が簡単にできる。

Vagrant by HashiCorp

Vagrantfile 設定メモ

以下の様に記述していく。

Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.....
  config.....
  config.....
end

config.vm.network

指定したIPアドレスをゲストマシンに割り当て、ホストマシンからのみアクセスできるプライベートネットワークを構築する。

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.50.4"

config.vm.synced_folder

ホストマシンのディレクトリをゲストマシンの指定パスにマウントする。

config.vm.synced_folder "src/", "/srv/website"

config.vm.provider

VMに割り当てるメモリ、CPUコア数の設定。

config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  vb.memory = "2048"
  vb.cpus = 2
  vb.customize ["modifyvm", :id, "--ioapic", "on"]
end

config.vm.provision

プロビジョニング設定。

config.vm.provision "shell", run: "always", inline: <<-SHELL
  echo Hello, World
  cd /src/to/myapp && docker-compose up -d
SHELL