TwitterBotを作ろうとしたら2週間以上待ったあげく、申請が通らなかった話


はじめに

2018/7/24よりTwitter社のポリシーが変更され、TwitterAPIを利用する際には開発者アカウントの登録が必須となりました。

https://blog.twitter.com/developer/ja_jp/topics/tools/2018/jp-new-developer-requirements-to-protect-our-platform.html


Twitter社への申請(8/13)

利用目的などを簡単に記述した上で、フォーム上から英語で申請。

このフロー自体は複雑ではありませんでした。


Application under review.

Hello,

Thanks! We've received your application and are reviewing it. We'll be in touch soon.

We review applications to ensure compliance with our Developer Agreement and Policy. Learn more.

You'll receive an email when the review is complete. While you wait, check out our documentation, explore our tutorials, or check out our community forums.


すぐに審査して連絡するよとのことです。


Twitter社からの返信(8/31)


Thanks for applying for access!

In order to complete our review of your application, we need additional information about your use case. The most common types of information that can help expedite our review include:

The core use case, intent, or business purpose for your use of the Twitter APIs

If you intend to analyze Tweets, Twitter users, or their content, share details about the analyses you plan to conduct and the methods or techniques

If your use involves Tweeting, Retweeting, or liking content, share how you will interact with Twitter users or their content

If you’ll display Twitter content off of Twitter, explain how and where Tweets and Twitter content will be displayed to users of your product or service, including whether Tweets and Twitter content will be displayed at row level or aggregated

To provide this information to Twitter, reply to this email.

Thank you for your interest in building on Twitter.


審査を続けるためには追加の情報を返信してね!

ということです。

2週間以上待った結果、この返答は堪えます…。

この期間で完全に熱量を失ってしまったので、まだ返信はしていません。


おわりに

Qiitaを見てみたところ、他の方も開発者アカウントの登録には苦労しているようです…。

新しくなった Twitter Developer ポータルに登録してみる - Qiita

UserStream APIの終了が話題になっていましたが、こういったところでもTwitterAPIの利用に際しては規制が厳しくなってますね。

TwitterBotの良さのひとつは、思い立ったら気軽に作れるところだったので、今回の変更は残念ですね:pensive: