Kotlin
JSON
AndroidStudio

JSONからKotlinのクラスを生成するPluginを使ってみた


Pluginのインストール

Preferences → Plugins → Browse repositoriesボタンを押す

検索窓に「KotlinTo」

スクリーンショット 2018-11-30 19.29.41.png


使い方


  1. 対象になるファイルを作成する

  2. option + K のショートカットにてプラグインを呼び出す

  3. クラス名とJSONを記入する

  4. Makeボタンをクリック
    スクリーンショット 2018-12-03 21.02.13.png

Gsonのアノテーションを付与した場合のクラス


作成されたクラス

package com.example.s_mori.myapplication

import com.google.gson.annotations.SerializedName

data class User(
@SerializedName("Option")
val option: Option?,
@SerializedName("id")
val id: Int?, // 12345
@SerializedName("mail")
val mail: String?, // test@gmail.com
@SerializedName("name")
val name: String? // test
)

data class Option(
@SerializedName("option1")
val option1: Boolean?, // true
@SerializedName("option2")
val option2: Boolean? // false
)



対応しているObjectMapper

Gson

Jackson

Fastjson

MoShi

LoganSquare

その他の物でも、カスタムで対応できるようです


参考

https://plugins.jetbrains.com/plugin/9960-json-to-kotlin-class-jsontokotlinclass-