tag
SMS

SMS送信時に便利な電話番号検証サービス

長い間RDBに電話番号を格納したままだと、ナンバーポータビリティーでどの通信キャリアへ行ったか分からないことがあると思います。その際、infobip社の電話番号検証サービスを利用すると、その時点でその回線が使用されているか、解約されているかがリアルタイムで分かります。そのほか、通信キャリアも分かります。

各キャリア毎に送信者名を指定したい場合、
SMS+電話番号検証サービスを組み合わせれば便利。

SMS送信料金を節約したい場合、
電話場号検索後、解約されている番号へはSMS送信しない。
電話番号検索後、DBから消去するのもよい。
送信時には届く携帯番号のみへ送信でき且つ送信料も削減できる。

その際の注意点をメモとして残します。
- レスポンスのmccmncの通信ネットワークコードでどの通信会社かを判別します。
  例)Y!mobile 44000, NTT Docomo 44010, Softbank 44020, KDDI Au 44050,44051,44054

  • このコードでこの通信キャリアの場合にはどの送信者名を入力するかのロジックを通してFrom欄に入力すればよい。

- 検索する際の電話場号形式は、国際標準フォーマット(818054275287)を使用。
  (リスト上で一旦、先頭の0を取り、81を追加)

- 国際フォーマットを使用している為 SMSも世界190カ国へ送れる。
  海外進出する会社には良いと思う。800の通信会社と提携している。

- APIはすべて公開されているので、Google Translateを利用してみるとわかりやすい。
  https://dev.infobip.com/?_ga=2.134269942.608226429.1500764218-1339499975.1491665676

  • 迷惑SMSをフィルタリングでブロックしてくれる。
  • Eメール, 自動音声架電, Push通知, Facebook messenger, Line@, Viberを同じプラットフォームから併用可能。

- ISO 27001やPCI DSSも取得