Help us understand the problem. What is going on with this article?

ポートフォリオ作成記録 Rails Tutorial編 第2章

Rails scaffoldジェネレータとMVCモデル

そこで、railsチュートリアルの第2章が終わったのでその復讐の意味も込めて今回は記述致します。

・scaffoldジェネレータ

scaffoldジェネレータを使用すると自動でWEBアプリが作られます。
しかし、この章では概要を知り理解する事が目的なのであくまでも、
簡素で作りたいなら、scaffoldジェネレータを使用する事だと私は感じました。

・MVCモデル

Model=モデル(チュートリアルではデータベースのテーブル)

View=ユーザー(アプリを利用する人)が操作・結果をみる画面

Controller=ViewとModelのやりとりを処理(CRUD等)して返す。

上記の3つのことをさしている様です。
それぞれの役割をハッキリさせて、
プログラミングをすることでエラーを探して修正したり、
それぞれが独立して扱えるようにする事で改修も容易になると感じました。

※気になった用語
CRUD(クラッド)
システムでデータベース(DB)操作の基本で使用されていた。簡単に調べるとデータ操作の必要最低限の機能を指している様です。
・Create(作成(追加))
・Read(読取(参照))
・Update(更新)
・Delete(削除)

今回の学習を通して感じたこと

とりあえず、チュートリアルを通して学んだことをポートフォリオに追加していく方が私自身の転職活動の近道になると思いました。

ただし、理解をする事も重要でいざ説明を求められた時に対処できないでは認められないのがこの業界です。

これを噛み砕いて説明できるとお客様とのやりとりもスムーズになるいい訓練と思って作っていくことで学習もよくなると思いました。

とりあえず、CRUDとログイン機能のセキュリティ機能追加を作成後、

テストをするのですがCD/CI(すみません詳しくはテスト工程に入ってから調べるので言葉のみ使います)を利用することも挑戦する予定です。

ただ、「いつまでにポートフォリオ完成して理解などの復習するの?」はまだ思いついてない状況ですので、よく考えて実行したいと反省しております。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away