1. SekiT

    No comment

    SekiT
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -37,11 +37,11 @@
```
### `Array.prototype.concat.apply([], arrayOfArrays)`
Array.flatMap をしたい時はこうするしかありません。 <s>ふざけんな</s>
-配列の配列(`arrayOfArray`)を全て結合して1つの配列にします。
+配列の配列(`arrayOfArrays`)を全て結合して1つの配列にします。
今回は全てのelementに対してそれぞれのchildNodeの配列を取得するので、Nodeの配列の配列が出来ます。これを単なるNodeの配列にするわけです。
### `[...iterableObject]`
@@ -64,11 +64,12 @@
例えば、 `Array(10).forEach(() => console.log('foo'))` としても何も出力されません(`forEach`を`map`に変えても同じ)。
`Array.prototype.forEach` も `Array.prototype.map` も、値がまだ代入されていないインデックスに対してはcallbackは呼び出されないのです。
一方で、`[...Array(10)].forEach(() => console.log('foo'))` とすると "foo" が10回出力されます。
-これは、 `Array.prototype.apply` に10個の`undefined` が引数として渡された結果、0から9までのindexに `undefined` が代入されたことになるからです。
+これは、 `Array.prototype.apply` に <s>10個の`undefined` が引数として渡された結果</s> `length`が`10`のものが引数として渡された結果、0から9までのindexに `undefined` が代入されたことになるからです。
+
+
(ここの解釈はちょっと合ってるか怪しい...)
### Combining character
@@ -88,6 +89,6 @@
```js
'Any string here'.replace(/([a-zA-Z])/g, (_, c) => c + [...Array(Math.ceil(Math.random()*30))].map(() => String.fromCharCode(0x300 + Math.floor(Math.random()*79))).join(''))
```
-H̷̨̯̝̗̳̙̭̺̩͉̩̀̋̉͂́̈̔e̵̗͎͆̀ w̷̡̫̮̠̤̜̻̖̞̰̓̀̈̿̽̍́͂ͅĥ̛̦̯̲ô̟͍̟̅́̚̕ w̴̸̵̧̪̯̩͎̤̰̩̺̥̣͎̾̒͆̓̋̽a̶̸̛͈͍̘̟̜͎͆̊̃̓̑̋i̸̧̢̘̱͎̗̤̤̰̖̘̩̦̫͋̐̂͊̑̍̍̽̇̈̂t̡̞̱͍̲̫̭̗̯̫̋̌̆͌̓̈́̀̄̚̚ͅͅ b̨̧̡͎̭̰̜̣̲̝̰̻̄̏̌̽̄̋́͂̓̏́ě̢̩̘ȟ̶̵̷̢̛̭̥̗̪̲̻͇̰̐̉́̌̂̃̕̚į̡̛̛̳̣̫̙̟̽́̀́̋̄́̀̓͊n̶̶̛̝̻̹̫̦̔̋̆ḑ̵̵̨̗̲͎̞̈́̕ t̴̶̷̢̡̛̥̖̻̠͎̦̺̼̜̅̅͋̑̍̆̏̋̏̿̊̐ĥ̸̶̢̳̞͍̭̣̜͈̬̏̐̉͋̈́̄̚ͅę̠̻̥̦̯͍̼̜́̓̊̌̍͊̉̊̓̊̚ w̷̶̴̫̯̭̻̥̓̌̓̀̌̒͌̉̚a̛̛̬̬̻̝̯̪̫̮̭̣͍̣̓̽̒͊̽́̆̔͋̿̒̉̕ľ̶̢̺̰̖̱̹͎̘̮͈̟̠̓̔̎͂̏͆͋̽̿̿̅̕l̴̷̢̨̢̠̞̹̺̫̻͇͋͂͊́̆̊̌̍̒̎̕
+H̸̘̖̲̙̊̅̉̓̓̈́̏͋̕ȩ̨̡͈̰̟̹̝̒́̈̔̏̓̑̾ ẃ̶̷̨̢̢͎̟̦̺̗̥̗̘̓̓h̾ơ͈̯̭̝̞̊̃̎̉͊̾̾͆̂͂̚ W̸̶̷̢̟̲̙̮̫̭̫̾̇̆͌̆a̵̢̛̻̩̩̦̟͎̜͈̭͎̙̼͂̐̃̏̐̈́̇̇̚ī̤̫̘̈̑ṭ̸̢̛̟̰̖̝̬͎̥̝̀̏̅̎̇͋̀̈́̐̈́̓̎̑̂̓̚s̶̵̱̘̦̍͊ B̧̫̦̫̮̤̻̖̌̓e̷̛̳̮̺̤̳͎̮̳̲̐̎̔̋ͅh̶̹͍i̿̎̔̀ͅǹ̷͍̦̭̮̜̖̱̈̂̓̒͂̂ḑ̸̺̪̞̪̜̗̰̜̻̗̓̒̒̈́̍͊̏̄̉̒̍̾̽̌́̕ T̵̡̛̪̩̙̜́̌̅̃͂̏̾ḩ̸̞͈̞̯̥̣̹̩̫̤͂̇̀̀̾̇̆̔̽̎͊͆̄̾̂̚e̵̩̬͈̙̍̆͌̐ W̵̡̠̣̩̳̪͉̰̮̪̭̘̣̐́̈́̇̌͌̎́̐̂̎ͅa̡̢̩̯̘͎̻̺̹̞̔͊̽͋̏̐l̷̷̢̢̧̢̛̙̖̤̗̲̠̫̠̹̋̇̇́̚ĺ̴̵̴̸̻̗̬̪̙̠̥̘̙̙̆̃̋̉̑͌͌̾̄͆̚ͅ