Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS IoT Device SDK for Ruby を使ってみた #6 - Chronograph にて可視化

More than 3 years have passed since last update.

// 当記事は, 以下親記事の Setup Flowの一部です.
// AWS IoT Device SDK for Ruby を使ってみた

Install Chronograph

https://docs.influxdata.com/chronograf/v1.0//introduction/installation/

console
wget https://dl.influxdata.com/chronograf/releases/chronograf_1.0.0_amd64.deb
sudo dpkg -i chronograf_1.0.0_amd64.deb

Edit config

console
sudo vim /opt/chronograf/config.toml
/opt/chronograf/config.toml
- Bind = "127.0.0.1:10000"
+ Bind = "0.0.0.0:10000"
console
sudo service chronograf restart

以上で, chronograph へ web access 可能となる.

Register server

https://docs.influxdata.com/chronograf/v1.0//introduction/getting_started/

Chronograph web UIより設定

  • http://[host or IP]:10000 を開く
  • [Add new server] を選択
    スクリーンショット 2016-10-12 9.04.50.png


  • write server info

    • [nickname] 入力 (任意. unique)
    • [SSL] off (任意. 当記事ではhttpを想定)
    • [http basic auth user / pass] 入力 (#5 で設定した, DB user / pass)
    • [Add] を選択 スクリーンショット 2016-10-12 9.06.00.png


  • 追加された server情報を確認

    • 問題なければ, 左上の [Done] を選択 スクリーンショット 2016-10-12 9.06.43.png

Graph作成

Visualization作成

  • http://[Host or IP]:10000/visualizations を開く.
  • [add Visualization] を選択.
    スクリーンショット 2016-10-12 10.11.08.png


  • Graph Name を入力.

  • [save] を押下.
    スクリーンショット 2016-10-12 10.11.53.png


  • pull down から DBを選択. (画像参照. ここでは sensorMeasure_sendai_test)

  • [Apply] を押下.
    スクリーンショット 2016-10-12 10.13.52.png


  • [FilterBy」pull down から [DHT11Measure] を選択.
    スクリーンショット 2016-10-12 10.14.30.png


  • [Extract By] pull down から [temperture] と [humidity] を選択.

  • 右上の [Done] を選択.
    スクリーンショット 2016-10-12 10.16.38.png


  • 設定したGraphが一覧に表示される.
    スクリーンショット 2016-10-12 10.30.38.png


Dashboard作成

  • [Dashboards] を選択
  • [+] を選択
    スクリーンショット 2016-10-12 10.19.31.png


  • [Dashboard name] を入力

  • [Save] を選択
    スクリーンショット 2016-10-12 10.19.45.png


  • [Add Visualization] を選択
    スクリーンショット 2016-10-12 10.20.47.png


  • [Add From Existing Visualizations] を選択
    スクリーンショット 2016-10-12 10.21.09.png


  • targetの [Visualization name] へcheck (ここでは, Sendai_test)

  • [Add Visualization to Dash] を選択
    スクリーンショット 2016-10-12 10.21.52.png


  • 表示確認
    スクリーンショット 2016-10-12 10.22.43.png


以上で全工程完了です.
※ 各 web UIは, 認証機構の設置を勧めます.

Satoshi_Numasawa
サムネイル引用元はこちら. https://www.pixiv.net/en/users/1007401
ruby-dev
Ruby開発はRuby on Railsをコア技術とし、Web系から基幹系まで多様な開発に携わっています。
https://www.ruby-dev.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away