Django
python3

Pyrhon3.6でDjango環境(Webアプリ開発)を構築

Mac OSならHOMEBREWを使うのが一番簡単。
Gotから直接ダウンロードする方法もあるけど、のちのち依存性解消が難しいので、初心者ならこちらの方法がおすすめ。

$ brew install pyenv
$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zshrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ source ~/.zshrc

公式サイト通り~/.zshenvへPATHを通すと挙動が変になった。
自分がzsh環境にprezitoのプラグインを使っているのでそのせいだと思う。

ちゃんとインストールできたか確認

$ pyenv versions
* system (set by /Users/hiro2/.pyenv/version)

とりあえず最新のPythonを入れる。

$ pyenv install 3.6.2

最新のpythonをデフォルトに設定(システム共通)

$ pyenv global 3.6.2

Djangoで各プロジェクトを個別で管理できるように仮想環境を構築します。(今ならDockerの方がいいけど、初心者には厳しいので慣れてきたら構築する)

$ brew install pyenv-virtualenv

pyenv-virtualenvは、先ほどインストールしたpyenvのプラグイン。
HOMEBREWでpyenvを入れたのなら、こちらもHOMEBREWで入れないと何かしら環境依存でトラブルが起こる可能性がある。

.zshrcに下記の2行を追加する。

eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

pyenvのインストール時に設定したものより下に書く必要があります。

$ vi ~/.zshrc
.zshrc
export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"

# pyenvの設定より下に書く
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

プロジェクト用のディレクトリ作成

$ mkdir python_projects
$ cd python_projects

下記のコマンドで環境を作成できる

$ pyenv vertualenv 「pythonバージョン」 「環境名」

$ pyenv virtualenv 3.6.2 first-web-app
Requirement already satisfied: setuptools in /Users/hiro2/.pyenv/versions/3.6.2/envs/first-web-app/lib/python3.6/site-packages
Requirement already satisfied: pip in /Users/hiro2/.pyenv/versions/3.6.2/envs/first-web-app/lib/python3.6/site-packages

※pipのインストールがまだの方はこのコマンドでインストールできます。

 $ sudo easy_install pip 

環境が作成できたかどうか確認。

$ pyenv virtualenvs                                                                                     
3.6.2/envs/first-web-app (created from /Users/hiro2/.pyenv/versions/3.6.2)
first-web-app (created from /Users/hiro2/.pyenv/versions/3.6.2)

仮想環境起動

$ pyenv activate first-web-app
(first-web-app) ~/python_projects ❯❯❯ 

こんな感じでシェルが変われば仮想環境を起動できています。

環境から抜ける時はこのコマンド

$ pyenv deactivate

仮想環境に入ってから、Djangoをインストールする。

(first-web-app) ~/python_projects $ pip install Django 

Djangoがインストールされたか確認する。

(first-web-app) ~/python_projects $ python -m django --version
1.11.5

これでとりあえず開発環境は整いました。
公式のチュートリアルを進められるのでやってみることにします。