Posted at

CrashPlanをアーカイブ目的のクラウドストレージとして使う

More than 5 years have passed since last update.


目的

あまり使わなくなったファイルをクラウドへアーカイブしたい

ってことでAmazonS3とかGlaicer、そしてこれから書くCrashPlanとかを調べてたんですが、なかなか「これがベスト!」というところに行き当たらないので、CrashPlanベースでちょっと考えてみます。


CrashPlanとは

CrashPlan

クラウドバックアップサービスって感じですかねぇ。プランいろいろあるけど10台までOKなプランでも月額$9までは安くできます。

サービス名に「Crash」って言葉がはいってるところからも「いざというときのためのバックアップ」が主目的のサービスと思われる。

じっさい、GUIをみると、クラウドに保存されたファイルはバックアップ元のフォルダへ「リストア」する取り出し方になってます。

これだとアーカイブ目的にはちょっと使いにくい。


CrashPlanをアーカイブ目的に使う

まずCrashPlanの設定で、バックアップからファイルを削除しない設定にする。

PCにアーカイブ用フォルダをつくる

アーカイブ用フォルダからCrashPlanでバックアップさせる

アーカイブ用フォルダの中身は定期的に古いファイルを削除するようにHazelを設定しておく

あとは、「最近つかってないしもうアーカイブ送りでいっかー」って思えるファイルやフォルダがあったら、アーカイブフォルダへ移動すれば、自動的にCrashPlanでクラウドに保存され、しばらくするとローカルのファイルは削除されるはず。

アーカイブ用フォルダはCrashPlanへの中継フォルダって感じですね。


もしかしたら…

homeフォルダまるごと上記の運用でもいいかもしれない。んーCrashPlan側でファイルの削除しないからゴミファイルがいっぱいバックアップされてうっとおしいかな。