Posted at

git で未追加なファイルと更新されたファイルを一覧する

Web系受託開発やってるとよくあるんですが、お客さんが自分で本場サーバの言語ファイルや画像をいじってることがちょくちょくあります。

普段はとくに困ることないんですが、そのままだと次に何らかの修正をかけるときに、画像が差し替わってるのがわからずに、リリース時に古いファイルに差し替わったり、言語ファイルを上書きして、お客さんが書き換えたメッセージがとんだりってことがたまにあります…

というわけでリリース前とかに本番環境で、


  • 追加された画像等のファイルがないか?

  • 変更されたファイルは無いか?

というのを確認したいなぁと思ってました。

調べれば大抵のことは解決策がみつかる git なので、このニーズを満たしてくれるコマンドもちゃんと用意されてました。

git ls-files --others --exclude-standard --modified

これで、まだ追加されてないファイルと、更新されたファイルが一覧されます。

でもってこれを git add しようとおもったら下記でいけるようです。

git ls-files --others --exclude-standard --modified | xargs git add

というわけで今後リリース前や改修する前にはこのチェック作業を行うようにするつもりです。


参考