平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問66から問70

問題文はIPAからの引用です。


問66

サブスクリプション方式のソフトウェア調達はどれか。

ア ERPソフトウェアの利用人数分の永続使用ライセンスをイニシャルコストとして購入し、必要に応じてライセンスを追加購入する。

イ 新しいOS上で動作する最新バージョンのソフトウェアパッケージを販売代理店から購入する。

ウ 新規開発した業務システムのソフトウェア開発費を無形固定資産として計上して、自社で利用する。

エ ベンダが提供するソフトウェアを、利用料金を支払うことによって一定期間の利用権を得て利用する。

サブスクリプション方式のソフトウェア調達は「エ ベンダが提供するソフトウェアを、利用料金を支払うことによって一定期間の利用権を得て利用する。」です!

サブスクリプションとは利用権を得て一定期間利用することです!

最近多くなってきました。



- 車

- 自転車

- 服


問67

コアコンピタンスに該当するものはどれか。

ア 主な事業ドメインの高い成長率

イ 競合他社よりも効率性が高い生産システム

ウ 参入を予定している事業分野の競合状況

エ 収益性が高い事業分野での市場シェア

コアコンピタンスに該当するものは「イ:競合他社よりも効率性が高い生産システム」です!

コアコンピタンスとは、顧客に価値をもたらし、企業にとって競争優位の源泉となる、競合他社には模倣されにくいスキルや技術のことです。

動画解説


問68

バランススコアカードの四つの視点とは、財務、学習と成長、内部ビジネスプロセスと、もう一つはどれか。

ア ガバナンス

イ 顧客

ウ 自社の強み

エ 遵法

BSC - バランススコアカードの四つの視点とは、財務、学習と成長、内部ビジネスプロセスと、もう一つは「イ:顧客」です。

バランススコアカードとは次の4つの視点で企業評価をする方法です。

動画解説


  1. 財務

  2. 内部ビジネスプロセス

  3. 学習と成長

  4. 顧客


  5. 財務視点の指標例

    売上高、営業利益率など損益計算書や貸借対照表上の成果に関する指標


  6. 内部ビジネスプロセス視点の指標例

    不良率、納期遵守率など業務処理の信頼性やサービス品質に関する指標


  7. 学習と成長視点の指標例

    人材のビジネススキル、 ITリテラシなど組織能力に関する指標


  8. 顧客視点の指標例

    顧客満足度の調査結果や顧客定着率、クレーム件数など顧客の囲い込み効果に関する指標



問69

知識創造プロセス(SECIモデル)における“表出化”はどれか。

ア 暗黙知から新たに暗黙知を得ること

イ 暗黙知から新たに形式知を得ること

ウ 形式知から新たに暗黙知を得ること

エ 形式知から新たに形式知を得ること

知識創造プロセス(SECIモデル)における“表出化”は「イ 暗黙知から新たに形式知を得ること」です!

知識創造プロセスとは、知識の共有・活用に優れる「知識創造企業」が組織的知識をどのように生み出しているかを説明したプロセスモデルのことです。一橋大学大学院の野中郁次郎教授らが示しました。ナレッジマネジメントの基礎理論です。

動画解説

共同化:暗黙知を獲得・伝達する

表出化:暗黙知を形式知に変換し、共有する

連結化:形式知同士を連結させ、新たな形式知を創造する

内面化:形式知を基に実践を通し知識を体得する


問70

オープンイノベーションに関する事例として、適切なものはどれか。

ア 社外からアイディアを募集し、新サービスの開発に活用した。

イ 社内の製造部と企画部で共同プロジェクトを設置し、新規製品を開発した。

ウ 物流システムを変更し、効率的な販売を行えるようにした。

エ ブランド向上を図るために、自社製品の革新性についてWebに掲載した。

オープンイノベーションに関する事例として、適切なものは「ア 社外からアイディアを募集し、新サービスの開発に活用した。」です!

言葉の通り、開かれた…ということで会社の枠にとらわれないイノベーションという意味です。

目次