平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問11から問15

問題文はIPAからの引用です。


問11

ZigBeeの説明として、適切なものはどれか。

ア 携帯電話などのモバイル端末とヘッドセットなどの周辺機器とを接続するための近距離の無線通信として使われる。

イ 赤外線を利用して実現される無線通信であり、テレビ、エアコンなどのリモコンに使われる。

ウ 低消費電力で低速の通信を行い、センサネットワークなどに使われる。

エ 連絡用、業務用などに利用される小型の携帯型トランシーバに使われる。

ZigBeeの説明として、適切なものは「ウ 低消費電力で低速の通信を行い、センサネットワークなどに使われる。」です!

利用例はBluetoothに似ています。


問12

Webサーバ、アプリケーション(AP)サーバ及びデータベース(DB)サーバが各1台で構成されるWebシステムにおいて、次の3種類のタイムアウトを設定した。タイムアウトに設定する時間の長い順に並べたものはどれか。ここで、トランザクションはWebリクエスト内で処理を完了するものとする。

〔タイムアウトの種類〕

① APサーバのAPが、処理を開始してから終了するまで

② APサーバのAPにおいて、DBアクセスなどのトランザクションを開始してから終了するまで

③ Webサーバが、APサーバにリクエストを送信してから返信を受けるまで

ア ①, ③, ②

イ ②, ①, ③

ウ ③, ①, ②

エ ③, ②, ①

正解は「ウ ③, ①, ②」です!

〔タイムアウトの種類〕

① APサーバのAPが、処理を開始してから終了するまで

② APサーバのAPにおいて、DBアクセスなどのトランザクションを開始してから終了するまで

③ Webサーバが、APサーバにリクエストを送信してから返信を受けるまで

上記を図化すると下記の通りです。

平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問12


問13

稼働率の等しい装置を直列や並列に組み合わせたとき、システム全体の稼働率を高い順に並べたものはどれか。ここで、各装置の稼働率は0より大きく1未満である。

q13.png

ア A, B, C

イ A, C, B

ウ C, A, B

エ C, B, A

稼働率を0.9として計算しましょう。

A

稼働率

= 1 - ((1 - 0.9) × (1 - 0.9))

= 1 - (0.1 × 0.1)

= 1 - 0.01

= 0.99

B

Bの右側はAと同じなので稼働率は0.99です(図に解説)。

Bの左側は0.9です。これらは直列なので

稼働率

= 0.9 × 0.99

= 0.891

C

直列の場合…

稼働率

= 0.9 × 0.9

= 0.81

これが並列になるので

稼働率

= 1 - ((1 - 0.81) × (1 - 0.81))

= 1 - (0.19 × 0.19)

= 1 - 0.0361

= 0.9639

正解は「イ A, C, B」です!

平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問13


問14

キャッシュサーバを利用した検索処理の平均応答時間は、キャッシュサーバでヒットした場合には0.2秒、ヒットしない場合には2.2秒である。現在の平均検索応答時間は、1.0秒である。3年後のキャッシュサーバのヒット率は、検索量の増加によって現状の半分になると予測されている。3年後の平均検索応答時間は何秒か。ここで、その他のオーバヘッドは考慮しない。

ア 1.1

イ 1.3

ウ 1.6

エ 1.9

実効アクセス時間

= (キャッシュメモリのアクセス時間 × ヒット率) + 主記憶のアクセス時間 × (1 - ヒット率)

上記問題文の各値を埋めます。

1.0

= (0.2 × ヒット率) + 2.2 × (1 - ヒット率)

= (0.2 × ヒット率) + 2.2 - (2.2 × ヒット率)

= (-2.0 × ヒット率)

1.0 - 2.2 = (-2.0 × ヒット率)

-1.2 = (-2.0 × ヒット率)

ヒット率 = 0.6

3年後はヒット率が半分なので…0.3

3年後の平均検索応答時間

= (0.2 × 0.3) + 2.2 × (1 - 0.3)

= 0.06 + 2.2 × 0.7

= 0.06 + 1.54

= 1.6(ウ)


問15

あるクライアントサーバシステムにおいて、クライアントから要求された1件の検索を処理するために、サーバで平均100万命令が実行される。1件の検索につき、ネットワーク内で転送されるデータは、平均 2×105バイトである。このサーバの性能は100MIPSであり、ネットワークの転送速度は、8×107ビット/秒である。このシステムにおいて、1秒間に処理できる検索要求は何件か。ここで、処理できる件数は、サーバとネットワークの処理能力だけで決まるものとする。また、1バイトは8ビットとする。

ア 50

イ 100

ウ 200

エ 400

答えは「ア 50」です!

動画解説

サーバとネットワークで分けて考えます!

サーバは1秒間に100件処理し、ネットワークは1秒間に50件のデータが転送されます。

ネットワークの方がボトルネックになるので、50件が正解です!

応用情報技術者試験問14

目次