Edited at

平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問46から問50

問題文はIPAからの引用です。


問46

ソフトウェアの分析・設計技法のうち、データ中心分析・設計技法の特徴はどれか。

ア 機能の詳細化の過程で、モジュールの独立性が高くなるようにプログラムを分割していく。

イ システムの開発後の仕様変更は、データ構造や手続を局所的に変更したり追加したりすることによって、比較的容易に実現できる。

ウ 対象業務領域のモデル化に当たって、情報資源のデータ構造に着目する。

エ プログラムが最も効率よくアクセスできるようにデータ構造を設計する。

ソフトウェアの分析・設計技法のうち、データ中心分析・設計技法の特徴は「ウ:対象業務領域のモデル化に当たって、情報資源のデータ構造に着目する。」です!

データ中心アプローチとは、データ構造(E-R図など)や流れ(データフローダイアグラムなど)に着目し、システム設計を行う手法です!


問47

フェールセーフの考えに基づいて設計したものはどれか。

ア 乾電池のプラスとマイナスを逆にすると、乾電池が装填できないようにする。

イ 交通管制システムが故障したときには、信号機に赤色が点灯するようにする。

ウ ネットワークカードのコントローラを二重化しておき、片方のコントローラが故障しても運用できるようにする。

エ ハードディスクにRAID1を採用して、MTBFで示される信頼性が向上するようにする。

フェールセーフの考えに基づいて設計したものは「イ 交通管制システムが故障したときには、信号機に赤色が点灯するようにする。」です!

フェールセーフとは、故障、操作ミスなどの障害が発生することを想定し、障害発生時の被害を最小限にとどめる工夫をする設計思想です!

例:ガスコンロの立ち消え安全装置

沸騰してお湯がこぼれると危険なので、火が止まります。

動画解説


問48

オペレーティングシステムの更新によって、既存のアプリケーションソフトウェアが正常に動作しなくなることが判明したので、正常に動作するように修正した。この保守を何と呼ぶか。

ア 完全化保守

イ 是正保守

ウ 適応保守

エ 予防保守

正解は「ウ 適応保守」です!


問49

アジャイル開発におけるプラクティスの一つであるバーンダウンチャートはどれか。ここで、図中の破線は予定又は予想を、実線は実績を表す。

平成29年度秋応用情報技術者試験午前過去問50

アジャイル開発におけるプラクティスの一つであるバーンダウンチャートは「ア」です!

バーンダウン(燃え尽き)チャートは、残作業量が0になることを時系列で示した。チャートで工程管理に利用します。

要件が増えると、グラフが上がり、作業を消化するとだんだん減ります。

実開発で使いますが、だんだん減るので開発のモチベーションが上がります(笑)

関係者に作業状況を視覚的に伝えることができるので、スコープ管理もやりやすくなります!


問50

ソフトウェアライフサイクルプロセスのうちの、システム要求事項分析プロセスにおける要求事項評価の基準はどれか。

ア システム要求事項のテスト網羅性

イ システム要求事項への追跡可能性

ウ 取得ニーズとの一貫性

エ 使用されたテスト方法及び作業標準の適切性

ソフトウェアライフサイクルプロセスのうちの、システム要求事項分析プロセスにおける要求事項評価の基準は「ウ 取得ニーズとの一貫性」です!

「システム要求事項分析プロセス」なので、顧客のニーズから要求を引き出し、システムを実現します。

したがって、顧客ニーズと一貫させるプロセスが必要です!

目次