Edited at

平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問21から問25

問題文はIPAからの引用です。


問21

アクチュエータの説明として、適切なものはどれか。

ア:アナログ電気信号を、コンピュータが処理可能なディジタル信号に変える。

イ:キーボード、タッチパネルなど、コンピュータに情報を入力するデバイスである。

ウ:コンピュータが出力した電気信号を力学的な運動に変える。

エ:物理量を検出して、電気信号に変える。

アクチュエータの説明として、適切なものは「ウ:コンピュータが出力した電気信号を力学的な運動に変える。」です!

アクチュエータとは、入力エネルギーを物理的な運動へと変換することです!

動画解説

例:ハードディスク

磁気ヘッド部分を動作させる仕組み


問22

音声を標本化周波数10kHz、量子化ビット数16ビットで4秒間サンプリングして音声データを取得した。この音声データを、圧縮率1/4のADPCMを用いて圧縮した場合のデータ量は何kバイトか。ここで、1kバイトは1,000バイトとする。

ア:10

イ:20

ウ:80

エ:160

音声を標本化周波数10kHz、量子化ビット数16ビットで4秒間サンプリングして音声データを取得した。この音声データを、圧縮率1/4のADPCMを用いて圧縮した場合のデータ量は「イ:20」kバイトです!

動画解説

標本化周波数10kHzなので、1秒あたりサンプリングを10,000回します。

4秒間サンプリングするので、4 × 10,000 = 40,000回実施します。

量子化ビット数16ビットなので、2バイト(1バイト = 8ビット)です。

4秒サンプリングすると、40,000 × 2 = 80,000バイトになります。

圧縮率1/4のADPCMを利用するので、80,000 × 1/4 = 20,000バイト = 20kバイト(イ)となります!


問23

次の二つの回路の入力に値を与えたとき、表の入力A, B, C, Dと出力E, Fの組合せのうち,、全ての素子が論理積素子で構成された左側の回路でだけ成立するものはどれか。

q23-1.png

q23-2.png

q23-2.png


問24

コードの値からデータの対象物が連想できるものはどれか。

ア:シーケンスコード

イ:デシマルコード

ウ:ニモニックコード

エ:ブロックコード

コードの値からデータの対象物が連想できるものは「ウ:ニモニックコード」です!

動画解説

ニモニックコードとは、コードの値からデータの対象物が連想できるコードをいいます!



- ADD : 加算

- SUB : 減算

- MOV : 移動

- AND : 論理積

- OR : 論理和

- XOR : 排他的論理和


問25

コンピュータグラフィックスにおける、レンダリングに関する記述として、適切なものはどれか。

ア 異なる色のピクセルを混ぜて配置することによって、中間色を表現すること

イ 複数の静止画を1枚ずつ連続表示することによって、動画を作ること

ウ 物体の表面に陰影を付けたり、光を反射させたりして、画像を作ること

エ 物体をワイヤフレーム、ポリゴンなどを用いて、モデル化すること

正解は「ウ 物体の表面に陰影を付けたり、光を反射させたりして、画像を作ること」です!

目次