平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問71から問75

問題文はIPAからの引用です。


問71

IoT活用におけるディジタルツインの説明はどれか。

ア インターネットを介して遠隔地に設置した3Dプリンタへ設計データを送り、短時間に複製物を製作すること

イ システムを正副の二重に用意し、災害や故障時にシステムの稼働の継続を保証すること

ウ 自宅の家電機器とインターネットでつながり、稼働監視や操作を遠隔で行うことができるウェアラブルデバイスのこと

エ ディジタル空間に現実世界と同等な世界を、様々なセンサで収集したデータを用いて構築し、現実世界では実施できないようなシミュレーションを行うこと

IoT活用におけるディジタルツインの説明は「エ ディジタル空間に現実世界と同等な世界を、様々なセンサで収集したデータを用いて構築し、現実世界では実施できないようなシミュレーションを行うこと」です!

「ディジタル空間に現実世界と同等な世界を構築する」ということから、2つあるという意味です!


問72

PDM(Product Data Management)の目的はどれか。

ア NC工作機械、自動搬送装置、倉庫などを有機的に結合し、コンピュータで集中管理することによって、多品種少量生産に対応できる生産の自動化を実現する。

イ 図面・部品構成データ、仕様書データなどの設計及び開発の段階で発生する情報を一元管理することによって、設計業務及び開発業務の効率を向上させる。

ウ 製品の生産計画に基づいてその生産に必要な資材の所要量を展開し、これを基準にして資材の需要とその発注時期を算出する。

エ 部品の供給から製品の販売までの一連のプロセスの情報をリアルタイムで交換することによって、在庫の削減とリードタイムの短縮を実現する。

PDM(Product Data Management)の目的は「イ 図面・部品構成データ、仕様書データなどの設計及び開発の段階で発生する情報を一元管理することによって、設計業務及び開発業務の効率を向上させる。」です!

目的:設計業務及び開発業務の効率を向上

方法:図面・部品構成データ、仕様書データなど(プロダクトデータ)の設計及び開発の段階で発生する情報を一元管理(マネジメント)


問73

SEOの説明はどれか。

ア ECサイトにおいて、個々の顧客の購入履歴を分析し、新たに購入が見込まれる商品を自動的に推奨する機能

イ Webページに掲載した広告が契機となって商品が購入された場合、売主から成功報酬が得られる仕組み

ウ 検索エンジンの検索結果一覧において自社サイトがより上位にランクされるようにWebページの記述内容を見直すなど様々な試みを行うこと

エ 検索エンジンを運営する企業と契約し、自社の商品・サービスと関連したキーワードが検索に用いられた際に広告を表示する仕組み

SEOの説明は「ウ:検索エンジンの検索結果一覧において自社サイトがより上位にランクされるようにWebページの記述内容を見直すなど様々な試みを行うこと」です!

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンで特定のキーワードを検索したときに上位に表示されるように工夫することです。

Googleは「利用者に役に立つサイトを上位にする」という方針があるために、質のよい情報を提供することが地道で一番効果のあるSEO対策だと個人的には思います。

動画解説


問74

発生した故障について、発生要因ごとの件数の記録を基に、故障発生件数で上位を占める主な要因を明確に表現するのに適している図法はどれか。

ア 特性要因図

イ パレート図

ウ マトリックス図

エ 連関図

発生した故障について、発生要因ごとの件数の記録を基に、故障発生件数で上位を占める主な要因を明確に表現するのに適している図法は「イ パレート図」です!

パレート図とは分類項目別に分けたデータを件数の多い順に並べた棒グラフで示し、重ねて総件数に対する比率の累積和を折れ線グラフで示した図のことです。

動画解説

※車の製造に詳しくないので、ざっくりし過ぎかもしれません。概要を掴むのが目的ということでご了承ください。

品質管理の現場使われます。QC7つ道具の1つです。

- 欠陥の最も一般的な原因

- 最も起こりやすい欠陥の種類

- 顧客の苦情のうち最も頻度の高い理由

- 品質不良の要因ごとの構成比率(平成21年度秋ITパスポート試験過去問 問2より)

などを特定するのにつかいます。


問75

定量発注方式における経済的発注量を計算したところ、600個であった。発注から納入までの調達期間は5日であり、安全在庫量が30個である場合、この購買品目の発注点は何個か。ここで、1日の平均消費量は50個であるとする。

ア 220

イ 250

ウ 280

エ 300

定量発注方式とは、一度の発注で同じ量(定量)だけ発注する方式です!

動画解説

前提

- 発注時期:決まっていない

- 発注量:一定 経済的発注量が良い

- 主な目的:発注経費削減

- 長所:事務処理が簡単

- 短所:在庫量が増える

計算式

発注点

= 平均使用量 + 安全在庫

= 平均使用量(1日) × 調達期間 + 安全在庫

発注点:発注する基準となる在庫数

安全在庫:余分に持つ在庫数

上記の式より

発注点

= 平均使用量 + 安全在庫

= 平均使用量(1日) × 調達期間 + 安全在庫

平均使用量(1日) 50個

調達期間 5日

安全在庫 30個

発注点

= 50 × 5 + 30

= 280

正解は「ウ」です!

目次