平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 問16から問20

問題文はIPAからの引用です。


問16

五つのジョブA〜Eに対して、ジョブの多重度が1で、処理時間順方式のスケジューリングを適用した場合、ジョブBのターンアラウンドタイムは何秒か。ここで、OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。

平成25年度春応用情報技術者試験午前過去問17画像

ア:8

イ:9

ウ:10

エ:11

五つのジョブA〜Eに対して、ジョブの多重度が1で、処理時間順方式のスケジューリングを適用した場合、ジョブBのターンアラウンドタイムは「エ:11」です!

次のように処理されます

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

A
B
C
D
E
A
B
C
D
B
C
B

ターンアラウンドタイムとは、データの入力が終了してから、処理結果の出力が終わって次の要求の受け入れが可能になるまでの時間のことです!

動画解説


問17

プログラムの実行時に利用される記憶領域にスタック領域とヒープ領域がある。それらの領域に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア:サブルーチンからの戻り番地の退避にはスタック領域が使用され,割当てと解放の順序に関連のないデータにはヒープ領域が使用される。

イ:スタック領域には未使用領域が存在するが,ヒープ領域には未使用領域は存在しない。

ウ:ヒープ領域はスタック領域の予備領域であり,スタック領域が一杯になった場合にヒープ領域が動的に使用される。

エ:ヒープ領域も構造的にはスタックと同じプッシュとポップの操作によって,データの格納と取出しを行う。

スタック領域とヒープ領域に関する記述のうち、適切なものは「ア:サブルーチンからの戻り番地の退避にはスタック領域が使用され、割当てと解放の順序に関連のないデータにはヒープ領域が使用される。」です!

動画解説

特徴・役割

スタック(先入先出):一時保存

ヒープ(自由):一般的なデータ格納


問18

二つのタスクが共用する二つの資源を排他的に使用するとき、デッドロックが発生するおそれがある。このデッドロックの発生を防ぐ方法はどれか。

ア 一方のタスクの優先度を高くする。

イ 資源獲得の順序を両方のタスクで同じにする。

ウ 資源獲得の順序を両方のタスクで逆にする。

エ 両方のタスクの優先度を同じにする。

デッドロックの発生を防ぐ方法は「イ 資源獲得の順序を両方のタスクで同じにする。」です!

「資源獲得の順序を両方のタスクで同じにする。」ことにより、先に資源を獲得したタスクの処理が終わるのを待ってから次のタスクを実行します。

平成31年度春 応用情報技術者試験 午前 過去問18画像

(データベースのトランザクションにおける)デットロックとは、複数トランザクションがロックした資源の解放を待ち、処理が停止することです!


問19

仮想記憶管理におけるページ置換えアルゴリズムとしてLRU方式を採用する。主記憶のページ枠が、4000, 5000, 6000, 7000番地(いずれも16進数)の4ページ分で、プログラムが参照するページ番号の順が、1 → 2 → 3 → 4 → 2 → 5 → 3 → 1 → 6 → 5 → 4のとき、最後の参照ページ4は何番地にページインされているか。ここで、最初の1 → 2 → 3 → 4の参照で、それぞれのページは4000, 5000, 6000, 7000番地にページインされるものとする。

ア 4000

イ 5000

ウ 6000

エ 7000

1回目 1

4000-1

2回目 2

4000-1, 5000-2

3回目 3

4000-1, 5000-2, 6000-3

4回目 4

4000-1, 5000-2, 6000-3, 7000-4

5回目 2

4000-1, 6000-3, 7000-4, 5000-2

6回目 5

6000-3, 7000-4, 5000-2, 4000-5

7回目 3

7000-4, 5000-2, 4000-5, 6000-3

8回目 1

5000-2, 4000-5, 6000-3, 7000-1

9回目 6

4000-5, 6000-3, 7000-1, 5000-6

10回目 5

6000-3, 7000-1, 5000-6, 4000-5

10回目 4

7000-1, 5000-6, 4000-5, 6000-4

6000番地にインしている。正解は「ウ」


問20

DRAMのメモリセルにおいて、情報を記憶するために利用されているものはどれか。

ア コイル

イ コンデンサ

ウ 抵抗

エ フリップフロップ

正解は「イ コンデンサ」です!

DRAMとは、読み書きが自由に行えるRAMです!

動画解説

● 特徴

リフレッシュ動作が必要

コンデンサとトランジスタにより電荷を蓄える回路を記憶素子に用いる

SRAMに比べてメモリセル構成が単純で、ビット当たりの単価が安い

● 用途

PCの主記憶として用いられる。

● 応用

SDRAMは外部バスインターフェースがクロック信号に同期するよう改良されたDRAMです

目次