Help us understand the problem. What is going on with this article?

GASメール自動送信 回答内容によってメールの送信先を変える

More than 1 year has passed since last update.

背景

Google App Script(GAS)を使って、Google Formの回答から自動でメールを送信する。
回答者のメールアドレスを記録して、ユーザーの回答内容によってメールの送信先を変更できるスクリプトを作成。

スクリプト

function auto_reply(e) {
    //自動返信メールの件名
    var subject = "件名がここにくる"; 

    //自動返信メールの本文1
    var message
    = "\n"
    + "お申し込み内容は、以下の通りです。\n"
    + "------------------------------------------------------------\n\n"
    //自動返信メールの本文2
    var body2
    = "------------------------------------------------------------\n\n"
    + "こちらの内容でお申し込みとなります。なお、今回お申し込みしていただいた内容は変更できませんので、ご注意ください。\n"
   + "本メールに心当たりが無い場合は、その旨を記載の上ご返信下さいますようお願い申し上げます。\n\n";
  var mail='メールアドレス';
  var itemResponses=e.response.getItemResponses();
  for(var i=0;i<itemResponses.length;i++){
    var itemResponse=itemResponses[i]
    var title=itemResponse.getItem().getTitle();
    var ans=itemResponse.getResponse();
    message += title +': ' + ans +'\n';
    if (title==='内容を変更させる質問のタイトル'){
      if (ans==='回答1'){
          mail='対象メールアドレス1';}
      else if(ans==='回答2'){
              mail='対象メールアドレス2';}
      else if(ans==='回答3'){
              mail='対象メールアドレス3';}
    }}
    //本文1に本文2を追加
    message += body2;

    //宛名=mail、件名=title、本文=messageで、メールを送る

MailApp.sendEmail(mail, subject, message, {
    name: '自分の名前を変える',})}

解説

var itemResponses=e.response.getItemResponses();
  for(var i=0;i<itemResponses.length;i++){
    var itemResponse=itemResponses[i]
    var title=itemResponse.getItem().getTitle();
    var ans=itemResponse.getResponse();

ここの箇所で、質問事項のタイトル(質問名)・回答を記録している

回答のみの場合は、Valuesで処理できる
var 変数 =e.values[1];

mailをあらかじめセットしておくのを忘れず!
選択肢が多すぎると、パフォーマンスが悪化する恐れがあるので、分岐点を複数つけるといい。

レファレンス

https://teratail.com/questions/146576
https://developers.google.com/apps-script/reference/mail/mail-app

ReiKitaya
Python,GAS,HTML&CSS,SQL関連の記事をあげていきます。実務で使えるコードを。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away