Posted at

Huobi WalletでIOSTアカウントを作る(iOS/Android共通)

この記事ではIOSTに対応している(それ以外のトークンも使えます)Huobi Walletで

・IOSTアカウントの作成

・IOSTアカウントのインポート

をする方法を解説します。iOS/Androidでそこまで大きな違いは無いので共通の手順として書きます💁🏻‍♂️


アプリの取得方法

公式サイト👇🏻

https://www.huobiwallet.com/ja/

iOSはここから👇🏻

https://itunes.apple.com/jp/app/id1433883012

Androidはここから👇🏻

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.huobionchainwallet


HuobiWallet自体の作成

アプリを起動するとこんな感じの画面が出てきます。

Screenshot_2019-03-13-07-52-49-271_com.huobionchainwallet.png

ここで言っている「ウォレット」というのはHuobiWalletのことで、IOSTアカウントのことではありません。注意。

1. ウォレットの新規作成

👉HuobiWalletを今まで使ったことが無い方はこちらです(IOSTアカウントを持っていたとしてもこちらを選択)

2.ウォレットのインポート

👉既に他のスマートフォンでHuobiWalletを使っていて、新しいスマートフォンに移したい場合、はこちらです。

では、「ウォレットの新規作成」をタップして次に進みましょう。

利用規約を同意したら、パスワードの入力を行います。当たり前ですがこのパスワードを忘れたり他人に教えたりはしないでくださいね。自殺行為です。

パスワードの入力が終わると復元フレーズでバックアップを取るか確認されます。

Screenshot_2019-03-13-08-01-04-521_com.huobionchainwallet.png

パスフレーズとはなんぞや?と思う方もいるかもしれません。Ledger Nano Sを使ったことがある方はご存知かもしれません。

12個の復元フレーズ(単純な英単語)とその並び順を覚えて(紙に書き留めて)おくことで、パスワードを使わなくてもウォレットを復元できる機能です。HuobiWalletはこの機能に標準で対応していますし、かつパスフレーズの表示画面はスクショが出来ない徹底ぶりです。基本的にはパスフレーズ機能、使おうね!👨🏻

さて、これでウォレット自体の作成は完了しました。ここからIOSTアカウントの作成を行います。


IOSTアカウントの無料作成

IOSTアカウントは実は通常は無料で作れないのです。20IOSTくらいのコストが必要なんです。が、HuobiWalletは運営のHuobiがその費用を負担してくれるので期間限定で無料で作れるのです(1つのお財布アカウントに1つだけ)

太っ腹やなほんと!

※IOSTの値段も上がっているのでいつ無料期間が終わるかはわからないですよ

InkedScreenshot_2019-03-13-12-10-09-789_com.huobionchainwallet_LI.jpg

画面下のメニューから「総資産」を選んで、IOSTの行の付近に「IOSTを手動で…」という表示があるのでタップしてください。もし出てなかったらとりあえずIOSTのロゴのところをタップすれば出てきます。

Screenshot_2019-03-13-08-07-13-488_com.huobionchainwallet.png

1.時間限定(期間限定)の無料作成

👉日本語が多少変ですがアカウントの作成はこちらをタップ。別に一定期間経ったらアカウントが消えるとかそういことは無いです。キャンペーン中であることを意味しているだけです。

2.IOSTウォレットをインポート

👉既に他のサービス(IOSTABCとか)で作っている方はこちら。秘密鍵が必要になります。

※IOSTABCでのアカウント作成も記事書いてますのでご参考まで。

IOSTABCでアカウント作成~Chromeのウォレットにインポート

https://qiita.com/RYOHO/items/4e8904418cae503f7bf2

どちらの選択肢を選んでもHuobiWallet自体のパスワードが必要になります。ご用意下さい。

InkedScreenshot_2019-03-13-08-07-42-030_com.huobionchainwallet_LI.jpg

オレンジ枠のところにアカウント名を入力してください。入力ルールは以下。

・5~11文字の文字列

・半角英数字および下線(アンダーバーのこと)である「_」が利用可能

・既存の文字列では登録できません(TwitterのIDと同じです)

入力終わったら提出して作成完了です。簡単ですね!


IOSTアカウントのインポート

秘密鍵の入力を行って完了です。簡単ですね!


指紋認証の設定

HuobiWalletのパスワードは今回のようなアカウントの作成・インポート作業やウォレットからの送金などのすべてのアクションで求められます。が、いちいちすべてパスワード入力は面倒くさいので指紋認証機能をオンにしましょう。送金が指紋認証で行えるようになるので便利です(アカウント作成・インポートはどちらにしろパスワード必要)

InkedScreenshot_2019-03-13-12-10-21-400_com.huobionchainwallet_LI.jpg

画面下部のメニューから「設定」を選択し、「Touch IDの利用を許可」のチェックを入れましょう。

以上でHuobi Walletの導入~基本的な設定は以上です。お疲れさまでした~👨🏻🍵

送金や投票機能も最近増えたのでそちらも適宜使ってみるといいと思います。UIが比較的良くできているので迷うことも少ないと思います。