Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@RPAbot

Microsoft Teams と RPA との会話のシナリオを考えてみる

More than 1 year has passed since last update.

概要

以下の2つの記事で、チャットのフロントエンドユーザーインターフェイスであるMicrosoft Teamsと、バックエンドのRPA (Automation Anywhereを想定しているが本質的にはどんなRPAでもよい) を使った、リアルタイムでロボットが人間と会話をして判断を下すシナリオの可能性について、実装方法を検討しました。

ただし、TeamsのWebhookによるシナリオは、必ずしもすべてのチャットのシナリオに対応しているわけではないので、利用できるシーン、シナリオが限定されてきます。この記事では、Teams Webhookを使った実装で実現できる業務シナリオのタイプについて検討します。

image.png

想定できるシナリオ/想定できないシナリオ

Microsoft TeamsのWebhookは、「チーム」の中に設定された「チャンネル」宛にメッセージを送信できる仕組みです。このチャンネルはあらかじめ作成しておき、ひとり、または複数のユーザーをチャンネル内に含めておく必要があります。したがって、以下のような使い方が想定されます。

想定シナリオ

あらかじめ決められたメンバーにRPAからの相談に対して応答する場合。応答するメンバーはチャンネルに登録されているメンバーの誰でもいい。(特定のひとりに限定したい場合は、チャンネルにはひとりだけユーザーを登録しておく。) このような場合はたとえば以下のようなシナリオが想定されます。

  • RPAが操作しているシステムでエラーが出た場合に、RPAの監督者に対して作業を進めるかどうかのYes/NoのエスカレーションをRPAが行う。(いままではRPAが動作しているPC上でのYes/No確認、もしくはメール等でエラー発生の通知 & 異常終了のみが可能でした)
  • AIシステムで計算された回答の確度が一定の閾値よりも低い場合に、チャンネルに登録された人間ユーザーにエスカレーションしてYes/Noまたは文章による返信を求める。(AIシステムを外部から操作できるAPIがなく、人間が画面操作でエスカレーションする必要があった)

想定できないシナリオ

一方、以下のような使い方はできないと理解しています。

  • 個人またはアドホックに作成されたプライベートグループへのチャット送信1
  • メンション ("@")のついたメッセージによる通知
  • チャンネルに複数ユーザーが登録されている場合、どのユーザーがチャットに応答してボタンを押したかを確認する

そのため、以下のようなケースでは対応が難しくなる可能性があります。いっそのこと、Microsoft TeamsクライアントをRPAで操作して人と同じアカウントとして対応すればできるかもしれません。(その場合はソフトウェアの利用規約も考慮しなければならなくなってくる可能性がありますが)

  • 組織内の不特定のユーザーまたはユーザーのグループにメッセージを送る必要がある場合
  • 応答する個人を特定する必要がある場合 (どこまで厳密に特定する必要があるかにもよる)
  • リアルタイムでのコミュニケーションが必要ない場合 (これはそもそもチャットでなくてよい)

まとめ

想定できる/できないシナリオについてざっと考えてまとめてみましたが、考えが至っていないところもあると思いますので、お気づきの点があればコメント欄にご意見ください。


  1. これはTeamsに限らずLINE Chatbotなどの他のプラットフォームでも同様(なはず)です。プライベートメッセージへの応答がAPIで自由にできてしまうと、お互いのプラットフォームの相互運用性を確保する仕組みができてしまい、たとえばTeamsとLINEの個人が自由にお互いにメッセージをやりとりできるようになってしまって、各プラットフォームが強みとしている、ユーザーを囲い込んでいる意味がなくなってしまうためです。 

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
RPAbot
最近RPAをはじめました。勉強がてら気づいたことをまとめていきたいと思います。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?