Linux
雑記
conemu
Windows10

Windows Subsystem for Linux正式版になったので使ってみたよ

祝! Windows Subsystem for Linux正式版!

Windowsの大型アップデータとFall Create Updateが降ってきて、Windows Subsystem for Linuxのベータが外れたので開発環境を移していく。

まずはWindows Subsystem for Linuxを入れる

詳しいことはBuild Insiderが詳しく書いてくれているのでそれに従います。

1.Windows Subsystem for Linuxのコアとなる部分をインストール

管理者権限のPowerShellで以下を実行する
Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

実行が終わったら一旦、再起動する。

2.好きなLinuxディストリビューションをStoreからダウンロード

Microsoft Storeを開いてlinuxなどを検索して、インストールする。

cap.PNG

インストールが終わったら、再起動する。

3.インストールしたディストリビューションを起動して初期化しておく

今回は、Ubuntuを導入した。スタートメニューの中にUbuntuがあるので立ち上げると自動で初期化が始まる。
(なぜか自分の環境では画面に変化がなくEnterを押すと完了画面が表示された。)

これで、使用できるようになりました!

ちょっと使ってみる

特につまるところありませんでしたね。
試しに、SSHコマンドで他のサーバに入ってみましたがすんなり入れました。

PathはLinuxのパスになっており、WindowsのCドライブは/mnt/cに格納されており、読み替える必要があります。

もうちょい本格的に

普段は、Nodeで利用しているので導入して実行して見ましょう。
npmを叩くと、はい動きませんね!(体験には個人差があります)

node_modulesにインストールされているのがwindowsようだからLinuxに入れ替える必要があります。
今ある、node_modulesフォルダを削除して、npm iを叩きます。
そうすれば、動きますね。

おまけ ConEmuも導入する

これでも十分に使えるのですが、ConEmuというTerminalを導入します。
タブ機能などが使えます!
環境を移し終わるまでは今までの環境も使いたいので、タブ機能が役立ちますね。

ConEmu:https://conemu.github.io/

インストールすると、Windows Subsystem for Linuxを認識しているので、一覧から選択するだけで使用できます!

作業パスで開くようにする

ConEmuを作業パスで開いたり、登録した作業パスでタブを開くことができます。

作業パスを登録してタブで開く

1."三"マークのメニューから "Settings"を選択し設定画面を開きます
2. Startup -> Tasksを開く
3. "+"マークで項目を追加する(空の項目が追加される)
4. Bashを参考に空き項目を埋める
  名前欄は、::が区切り文字で グループ名::個別の名前のように設定できる
5.パスの欄に-dir "C:\Users\hoge"のように作業ディレクトリまでのパスを追加する

2017-11-17 18_55_32-Settings [xml] ConEmu 161206 [64] {Stable}.png

登録したら、"Save setting"で設定を閉じる。
これで、緑の"+"ボタンでプロジェクトのタブを開く事ができる

起動時に開くterminalの指定

設定画面の"Startup"で、
Specified name task で、上で登録したtaskを選択すればOkです。

おしまい