AquaSKK

AquaSKKを1週間使ってわかったこと

More than 1 year has passed since last update.

だれのためのもの

だれのために書いている資料でもない。

これから書くこと

AquaSKKというMacOS X用のIMEを1週間ほど使ってみたので感想を.

インストールの方法

今回はHomebrewでサクっとインストールした

shell
brew cask install aquaskk

設定の方法

システム環境設定 -> キーボード -> 入力ソース -> +ボタンを押して英語のなかにあるASCIIを追加

※状態によっては再起動が必要な場合がある

はじめてのAquaSKK

はじめて使ってみて思ったのは,「キーバインドがめんどくさい・・・

変換が必要な文字の前には必ずShiftキーを押さなくちゃいけないし,
ひらがなを変換したらカタカナくらいでてくるだろうと思っていたらカタカナモードじゃないとでてこないし・・・
おすすめはされたけど使い勝手はビミョーなのでは・・・と思った.

1週間使ってみて

だけど,1週間たってから試しに標準のIMEに戻してみて気付いた.

なかなか思う文字がでてこない・・・

AquaSKKのキーバインドが残ってて逆に使いづらいぞ・・・

そしてAquaSKKに戻してみて気付いた

思ってた文字がちゃんとでてくるー!

半角カタカナもらくらく打てるし実はこっちのほうがラクなのでは・・・?

まとめ

まんまとAquaSKKにハマってしまいました.

かなり特殊な用途だと思うので,普通がいい人は普通のIMEを使うのがベターと思います.

おわり