Goで簡易Webアプリ作成&Dockerコンテナにまとめる

連休で少し時間ができたので新しいものに挑戦しようとGoに触り始めました。
折角なら馴染みのあるWebアプリを作成して、Dockerコンテナにまとめようっていう記事です。Goの文法やGOPATHのことは今回は載せてません。

この記事のソースコード見たいよって方は以下のリンクからどうぞ。
https://github.com/sasaken555/ponz_goecho_server

Go製のWebアプリを作る

さっそく本題。Webアプリとしては最低限文字列とJSON返すだけでよかったので、簡易なものとしてピッタリな Echo を選択。公式のドキュメントは分かりやすいし、サイトも見やすいので取っ付きやすいです。

[Echo]
https://echo.labstack.com/:embed

"minimalist Go web framework" と謳うくらいだから、Node.jsでいうExpress.jsと同じような位置付けなのかな?

※ 参考までに...
* Echo(Go): High performance, extensible, minimalist Go web framework
* Express.js(Node.js): Fast, unopinionated, minimalist web framework for Node.js

以下、公式の例を使いつつルーティングとミドルウェアを設定した main.go 例です。

ルーティングのミドルウェアはデフォルトの設定を使うとJSON形式の見辛いログが出力されるので、Apacheの Common Log Format に似せて出力されるように設定してます。ログ出力は出力内容は柔軟に変えられるみたいですね。

package main

import (
    "net/http"
    "github.com/labstack/echo"
    "github.com/labstack/echo/middleware"
    "github.com/sasaken555/ponz_goecho_server/routes"
)

func main() {
    /* Echoインスタンスの作成 */
    e := echo.New()

    /* Root Level Middleware */
    // ログ出力は Apache Common Log Format っぽく設定すると読みやすい
    e.Use(middleware.LoggerWithConfig(middleware.LoggerConfig{
        Format: "${host} [${time_rfc3339_nano}] \"${method} ${uri}\" ${status} ${bytes_in} ${bytes_out}\n",
    }))
    e.Use(middleware.Recover())

    /* ルーティングの設定 */
    // 第2引数の関数は別パッケージに外出しすると分かりやすい
    e.GET("/users/:id", routes.GetUser)
    e.GET("/users/json", routes.GetJSONUser)

    e.Logger.Fatal(e.Start(":1323")) // ポート1323で起動。
}

また、ルーティングの設定・関数は main に全部突っ込むと後で見づらくなるので、外出ししてあげます。今回は routes/user.go としてルーティングしたときに返す関数をまとめる。

package routes

import (
    "net/http"
    "strconv"
    "github.com/labstack/echo"
    "github.com/sasaken555/ponz_goecho_server/util"
)

// GetUser ... Pathパラメータからユーザー(=ID)を取り出して返す
func GetUser(c echo.Context) error {
    // User ID from Path Parameter `users/:id`
    id := c.Param("id")
    return c.String(http.StatusOK, id)
}

// Customer ... 顧客情報の構造体
type Customer struct {
    ID        int64  `json:"id" xml:"id"`
    Name      string `json:"name" xml:"name"`
    OrderNum  int    `json:"ordernum" xml:"ordernum"`
    OrderProd string `json:"orderprod" xml:"orderprod"`
}

// GetJSONUser ... 顧客情報のJSONを返す
func GetJSONUser(c echo.Context) error {
    userID, err := strconv.ParseInt(c.QueryParam("userId"), 10, 0)  // strconvで文字列から整数に型変換
    userName := c.QueryParam("userName")
    orderNum := util.GetRand(100)  // 別のパッケージからインポートした指定桁数で乱数を返す関数を使う

    // userIDが整数でない(=型変換できない)ならば500エラーを返す
    if err != nil {
        return echo.NewHTTPError(http.StatusInternalServerError, "You Should Provide userId as Integer!")
    }

    // 構造体のポインタを作成
    u := &Customer{
        ID:        userID,
        Name:      userName,
        OrderNum:  orderNum,
        OrderProd: "Blend Coffee",
    }

    return c.JSON(http.StatusOK, u)
}

Dockerコンテナにまとめる

Dockerコンテナにソース含めて全部入れてビルドすると悩むのが、ビルドイメージ大きすぎ問題。

  • 実行ファイルのビルド時に、ランタイムとアプリで使うパッケージを全て実行ファイルの中に取り込むため、少しコード量の多いアプリでも成果物が数百MBになるのもザラ。

  • 実行ファイルを組み込んだDockerコンテナのイメージがデカイとなると、docker pull の度にディスクと時間が取られるのでポータビリティの点から使いづらい。

上記の問題があって頭を抱えましたが、ベースイメージを小さいものにするのに加えて、Dockerのマルチステージビルドで対応することしました。

※ 参考記事
Use multi-stage builds
Docker multi stage buildで変わるDockerfileの常識

通常だとソースコードを全てDockerコンテナに含めますが、Goは良くも悪くもソースコードから実行ファイルを作成するので、最終成果物の実行ファイルだけコンテナイメージに入っていればOKと考える。下のコード例の(1)が実行ファイル作成のビルド、(2)が(1)で作った実行ファイルをコピーして作った最終系のコンテナイメージになります。

ベースイメージも alpine イメージを使うことでさらに軽量化してます。

 
# Full SDK version ... (1)
FROM golang:1.10-alpine AS build

RUN apk update && apk upgrade \
    && apk add curl git

RUN curl https://raw.githubusercontent.com/golang/dep/master/install.sh | sh

WORKDIR /go/src/github.com/sasaken555/ponz_goecho_server
COPY . .

RUN dep ensure
RUN go build -o ponz_goecho_server

# Final Output ... (2)
FROM golang:1.10-alpine
COPY --from=build /go/src/github.com/sasaken555/ponz_goecho_server/ponz_goecho_server /bin/ponz_goecho_server
CMD /bin/ponz_goecho_server

結果として、通常のベースイメージ+アプリソースを含めてビルドしたイメージ(tag: heavy)とalpineベースイメージ+マルチステージビルドのイメージ(tag: light)で比較するとサイズは半分以下に抑えられていますね!やったね!

 
$ docker image ls ponz_goecho_server

REPOSITORY           TAG                 IMAGE ID            CREATED              SIZE
ponz_goecho_server   light               24b61e6c4f83        7 seconds ago        386MB
ponz_goecho_server   heavy               20bac15a0acf        About a minute ago   908MB

Goの謳い文句通りシンプルかつ効率的に開発&ビルドできたのはすごい...!!

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.