Rails
docker

Dockerを使用したRails開発⑤(コントローラーとルーティング)

やること

今回は、コントローラーとルーティングの設計・作成を行います。
前回の記事で作成したpostモデルとcommentモデルのコントローラーを作成しようと思います。

Restfullについて

Restfullとは・・・HTTPメソッドを使ってWebリソース(主にDBを指す)を操作する設計方法

URL、コントローラー内のアクションメソッド、HTTPメソッド、目的をまとめます。どこにでも転がっているよく見る表ですが。。

URL アクションメソッド HTTPメソッド 目的
/posts #index GET 一覧取得
/posts/new #new GET 新規フォーム返却
/posts #create POST 登録
/posts/:id #show GET 一件取得
/posts/:id/edit #edit GET 編集フォーム返却
/posts/:id #update PATCH/PUT 更新
/posts/:id #destroy DELETE 削除

4つのHTTPメソッドの役割は以下の通り。
- GET:リソースの取得
- POST:リソースの作成
- PATCH/PUT:リソースの更新
- DELETE:リソースの削除

コントローラーを作成できるジェネレーターは、以下の通り
rails g scaffold:controller、view、model、migration、test、helper、asset、routingを作成。scaffoldは足場という意味で要は全部入り。

rails g scaffold_controller:controller、view、test、helperを作成。今回のようにモデルだけ先に作った場合などに使えます。Restfullの設計に基づいて#index〜#destroyの7つのアクションメソッドをデフォルトで作成してくれます。

rails g controller:controller、view、test、helper、assetを作成。こちらも同じくモデルを先に作った場合使用できます。scaffold_controllerとは異なり、controllerに#index〜#destroyは作成されません。

今回はrails g scaffold_controllerの方を使ってRestfullの設計で進めていこうと思います。

ジェネレーターコマンドでコントローラーの作成

docker-compose exec web rails g scaffold_controller postコマンドでpostモデル用のコントローラーを作成

作成したコントローラーを確認すると以下のようになっています。

posts_controller.rb
class PostsController < ApplicationController
  before_action :set_post, only: [:show, :edit, :update, :destroy]

  # GET /posts
  # GET /posts.json
  def index
    @posts = Post.all
  end

  # GET /posts/1
  # GET /posts/1.json
  def show
  end

  # GET /posts/new
  def new
    @post = Post.new
  end

  # GET /posts/1/edit
  def edit
  end

  # POST /posts
  # POST /posts.json
  def create
    @post = Post.new(post_params)

    respond_to do |format|
      if @post.save
        format.html { redirect_to @post, notice: 'Post was successfully created.' }
        format.json { render :show, status: :created, location: @post }
      else
        format.html { render :new }
        format.json { render json: @post.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

  # PATCH/PUT /posts/1
  # PATCH/PUT /posts/1.json
  def update
    respond_to do |format|
      if @post.update(post_params)
        format.html { redirect_to @post, notice: 'Post was successfully updated.' }
        format.json { render :show, status: :ok, location: @post }
      else
        format.html { render :edit }
        format.json { render json: @post.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

  # DELETE /posts/1
  # DELETE /posts/1.json
  def destroy
    @post.destroy
    respond_to do |format|
      format.html { redirect_to posts_url, notice: 'Post was successfully destroyed.' }
      format.json { head :no_content }
    end
  end

  private
    # Use callbacks to share common setup or constraints between actions.
    def set_post
      @post = Post.find(params[:id])
    end

    # Never trust parameters from the scary internet, only allow the white list through.
    def post_params
      params.fetch(:post, {})
    end
end

7つのアクションメソッドが作成されていることがわかります。

次にcomment用のコントローラーを作成しますが、postのビュー内でcommentモデルの使用を考えているので、ビューの作成はスキップしようと思います。
ビューの作成をスキップするオプションを加えて以下のコマンドを実行
docker-compose exec web rails g scaffold_controller comment --skip-template-engine

ルーティングの修正

config/routes.rbを以下のように修正してpostとcommentそれぞれのURLとアクションメソッドを紐付けます。

routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  # For details on the DSL available within this file, see http://guides.rubyonrails.org/routing.html

  # postsをルーティング
  resources :posts;

  # commentsをルーティング(createとdestroyメソッドのみに限定)
  resources :comments, only: %i[create destroy]
end

ブラウザでlocalhost:3000/postsに接続してデフォルトで作成された以下のビューが表示されればOK
スクリーンショット 2018-10-21 12.21.47.png

表示されているのは、app/views/posts/index.html.erbの内容になります。
次はビューについてまとめていこうと思います。今日はここまで。