Windows
VisualStudio
Swift
silver

VS2015でSwift2.0入門 ①コマンドラインでSwift

More than 3 years have passed since last update.


VS2015で、Swift(2.0)してみる

元ネタは、関西モバイルアプリ研究会 発表スライドSwiftでAndroidアプリ書けるってよから頂いた。

Apple製のclangでLLVMなコンパイル言語Swift(2.0)に準拠した言語Silverで、.NETもandroidも開発できるよという話。

開発元は、古のDelphiユーザーやC#向けのクロスプラットフォーム環境を出している老舗remobjects社。

当初はためしに、Mac向けの環境を入れてみたものの、あまりに怪しかったので忘れていた。

が、なんとなくサイトを再訪してみると、VisualStudio2015ベースのSwift2クロス開発環境が無償で手に入るとのこと。

win10_swift.PNG

...釣られてみることにした。以下からダウンロード:

http://www.elementscompiler.com/elements/download.aspx

ダウンロード後、NETの最新版などいろいろ入れた後に再起動し、ElementsのVS2015向けの拡張などをインストールすると、VS2015で、New > Projectで各種のSwiftプロジェクトが立ち上げられるようになる。

プログラム言語入門といえばまずは、コンソールから。

ディフォルトで、デモ用のswiftコードが入った状態で立ち上がる:

vs_swift.PNG

let=...からはじまるコードを早速Start。コンソールが立ち上がり、なにやらアスキーアートが出るが、、一瞬でコンソールが閉じてしまう。

では、とswiftでinputコードを作ろうとするが、iOSのライブラリを使わずに、、、がわからない。

# Macの場合もちょっと面倒、、 : http://j.mp/swift_input

ということで、コンソールアプリは後回しにして、Androidアプリを立ち上げてみる

# Android SDKが入っていることが前提

vs_swift_android.PNG

なんとなくKotlinっぽいコードで、無事立ち上がりはするのだが、Swiftで、androidのライブラリをどう呼ぶのか、不明、、

ということで、基本に立ち返り、今晩はコマンドラインでのswiftお試し環境を確立することに専念する。


Windowsコンソールでswift

とりあえず、本家のドキュメントRemObjects Silver (Swift)を眺めると、

#この環境で動作するのは、あくまで、Swift準拠のRemObjects Silverという言語。

http://docs.elementscompiler.com/Silver/

コンソールを閉じさせないやり方はわかった:


Console.ReadLine()


と書く。例えば、

import System.Collections.Generic

import System.Linq
import System.Text
import System.Threading.Tasks

println("Console App:")

let items = ["alice","bob","chaco"]
for i in items{
println(i)
}

Console.ReadLine()

といった感じ。

実行結果:

vs_swift_reuslt.PNG

VS2015から立ち上がるコンソールのコピペが効かないので、キャプチャしなければならないのが、何か退化した気もするが、、Swiftがオープンソースとなる前に、VisualStudio上でSwift(準拠)を体験させてくれてありがという、ということで、良しとする。

どこまで、準拠かは、これから検証する。