MSYS2のUnix環境は強力ですがGit LFSのコマンドをたたこうとすると色々やることがあるのでメモする。

環境

  • Windows 10 Home Edition
  • MSYS2 mintty 2.8.3
  • Git LFS v2.3.4

導入手順

MSYS2のインストール

MSYS2を導入するとWindows上でUnixっぽいコマンドライン環境が構築でき、Unix上で動くソフトウェアが使えるようになる。
パッケージマネージャーとしてpacmanが入っておりパッケージのインストールやMSYS2の更新がワンコマンドで行える。

MSYS2 Installer

以下の記事が詳しい
MSYS2で快適なターミナル生活

MSYS2に必要なパッケージをインストールする

MSYS2を試してみる
gitやOpenSSHといった必要なものが全部入りで入っているのでtool-chainをインストールすると良いと思う。

git-lfsをインストールする

Git LFSをWindowsにインストールするときは普通にインストーラを使う。

Git Large File Storage

実行ファイルは/c/Program Files/Git LFS/下にインストールされる。

git-lfsの実行ファイルにパスを通す

MSYS2を立ち上げて~/.bashrcを編集し、さっきインストールしたGit LFSの実行ファイルにパスを通す。

$ cd
$ echo 'export PATH="{$PATH}:/c/Program Files/Git LFS"' >> .bashrc
$ source .bashrc

SSHの認証鍵を生成してGitHubに設定する

Git LFSではSSH接続が必須なのでSSH鍵を生成する。Windowsのアプリが使うSSH鍵(/c/Users/(ユーザー名)/.ssh下に入っている)とは別にMSYS2のホームディレクトリ下に鍵を作って格納する。

GitHubの公式ヘルプが詳しい。
Generating a new SSH key and adding it to the ssh-agent

MSYS2で

$ cd
$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email@example.com"
$ eval `ssh-agent` 
$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa

と一連のコマンドを打つ。

作られたファイル~/.ssh/id_rsa~/.ssh/id_rsa.pubのうち後者の中身をのぞくと

ssh-rsa AAAAB.....k732v takumi10194617@gmail.com

みたいな感じの文字列が入っているはずなのでこれをコピーする。

GitHubのSettingページ>Personal Setting>SSH adn GPG Keys>New SSH Keyと進んで表示される大枠に文字列をペーストすると公開鍵が登録される。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.