PHP
Laravel
laravel5.5

自習用学んだことメモ帳(完全自分用)

学んだことを書き残しておくためのノート

毎日更新する予定。溜まったら分ける。


Request::path()

urlが http://comptopia.jp/xxx なら、

{{ Request::path()}} ⇒ xxx


view

 @if (strpos(Request::path(), 'thread') !== false)



Controller

 public function thread(Request $request)


@if (strpos(Request::path(), 'thread') !== false) はurlの最後に threadを含む場合の意。


grepコマンド

grep -rl '検索したいワード' *

とすると、検索したいワードを使っているファイルが一覧で確認出来る


configから出力

resources/lang/ja下にmessage.phpというファイルを作成し、そこに保存するデータをviewファイルから引き出す。


resources/lang/ja/message.php

'thread' => 'スレッド'



viewファイル

{{ __('message.thread') }}


これでconfigに設定したデータをviewファイルから引き出すことができる。


過去のコミットを削除する

git rebase -i [commit]

で、[commit]: 2つ前のコミットよりも前のコミットを指定し、実行するとテキストエディタが現れる。

それから消したいコミットの行を削除し、保存してからテキストエディタを閉じる。

git log --name-status これでコミットの履歴を確認。 終了方法 q


エラー解決(Updates were rejected because the tip of your current branch is behind)

pushが拒否以下のように拒否された。原因は、過去のコミットを一つ削除していたからで、リモートリポジトリにもともとあったブランチを一旦削除することで、pushすることができた。

Updates were rejected because the tip of your current branch is behind