Edited at

Chalice管理のソースをGit管理する場合の.gitignore

More than 3 years have passed since last update.


Chaliceとは

AWS Lambda向けのPython用フレームワークです。

https://github.com/awslabs/chalice

発展途上だけど、めっちゃ簡単にAPI Gateway+Lambdaの構成がくめるので、おすすめです。

クラスメソッドさんの記事を読むのが手っ取り早いです。

【新機能】Python Serverless Microframework for AWS(プレビュー版)が登場! | Developers.IO


早速.gitignore

プロジェクトのルートに以下のファイルを置いておけばいいです。


.gitignore

.chalice/deployments/*

.chalice/venv/*


参考:Chaliceで管理する場合のディレクトリ構造

以下のコマンドで、新しいプロジェクトを生成出来ます。この際virtualenv環境でやりましょう。

$ chalice new-project hello

すると、このようなディレクトリ構造になります。

$ cd hello && ls -a

./ ../ .chalice/ app.py requirements.txt

.chaliceディレクトリは隠しディレクトリなので見落としがちなのですが、Git管理する場合、とても重要になります。無いとビルドできなくなるよ。

ただし、一度chalice deployをしたあとに出来る、deploymentsディレクトリと、venvディレクトリはそれぞれ一時ファイルを生成するためのディレクトリなので、あんまり重要じゃありません。

重要じゃないというより管理するにはとても邪魔なので、上記の.gitignoreになります。