Excel
マクロ
Excelアドイン
アドイン

Excelアドインファイルの使い方

 Excelアドインファイルの使い方を調べたら,良いサイトがなかなか見つからなかったので備忘録の意味も含めここメモ。もしかしたらもっと簡単な使い方があるかも。

目次

マクロ名で実行

1.「開発」タブ →「マクロ」

2.マクロ名を入力 → 「実行」
マクロ名は下記のいずれかで指定できる。画像では,ファイル「SAアドイン.xlam」のマクロ「SAフォーム」を呼び出している。
・「マクロ名」
・「ファイル名!マクロ名」
・「ファイル名!モジュール名!マクロ名」

タブで実行

タブにマクロ実行ボタンを追加する。
挿入画像では「開発」タブにマクロ「SAフォーム」の実行ボタンを追加している。

1.「開発」タブ → 「Excelアドイン」

2.「参照」をクリック

3.アドインファイルの保存場所に移動 → 表示ファイルを「すべてのファイル」に変更

バグだと思われるが,表示ファイルが「アドイン」のままではなぜかファイルが表示されない。(2018年1月現在)

4.ファイルを選択 → 「OK」

5.「OK」をクリック

6.「ファイル」タブ → 「オプション」 → 「リボンのユーザー設定」

7.登録するタブを選択 → 「新しいグループ」
マクロ実行ボタンはユーザー設定のグループにしか追加できない。

8.「コマンドの選択」を「マクロ」に変更

9.マクロを選択 → 「追加」 → 「OK」

無事,実行ボタンが登録された。

クイックアクセスツールバーで実行

クイックアクセスツールバーにマクロ実行ボタンを追加する。
挿入画像ではマクロ「SAフォーム」の実行ボタンを追加している。

1.上記「タブで実行」の1〜5と同様の手順でアドインを有効化

2.「ファイル」タブ → 「オプション」 → 「クイックアクセスツールバー」

3.「コマンドの選択」を「マクロ」に変更

4.マクロを選択 → 「追加」 → 「OK」

無事,実行ボタンが登録された。