Python
gcp

ubuntuでgcpを使えるようになるまでの最短ルート(python)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Debian / Ubuntu 用のクイックスタート
に添って説明していく。(2017/10/30のバージョン)
この記事を書いている段階ではpython3系に対してないっぽいので、python2.7.13でやっています。

gcpのアカウントを作成

スクショを撮り忘れてしまったので略

Google Cloud SDK のインストール

bashrcに以下のものを追加

export CLOUD_SDK_REPO="cloud-sdk-$(lsb_release -c -s)"

以下の3つのコマンドを実行

echo "deb https://packages.cloud.google.com/apt $CLOUD_SDK_REPO main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/google-cloud-sdk.list
curl https://packages.cloud.google.com/apt/doc/apt-key.gpg | sudo apt-key add -
sudo apt-get update && sudo apt-get install google-cloud-sdk

このときProblem executing scripts APT...みたいなエラーを吐かれたらここにかかれているコマンドを実行。

初期設定

上のページのSDKの初期化に添って行う
Compute Engineは「asia-northeast1-a」を選択すれば良い。ちなみに「asia-northeast1-*」は東京にあるサーバー

これで、gcpの認証については終了。次はpythonのmoduleのインストールに移る。

pythonの環境設定(speech apiとnatural language apiについてのみ)

はじめに

上記のsdkは2系のpythonでしか動かないが、プログラムは3系でも動く。謎。

speech api

サンプルコードはここ
https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples/tree/master/speech/cloud-client

環境構築

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples.git

でgitをclone。 その後、上記のURLに当たるディレクトリ部分まで移動し、以下のコマンドを実行

pip install -r requirements.txt

動作確認

python transcribe.py resources/audio.raw

蛇足だが、個人的には下のソースコードの方がわかりやすいので、自分でプログラムを組むときはこっちを参考に作った方がよさげ
https://cloud.google.com/speech/docs/reference/libraries?hl=ja#client-libraries-install-python

natural language api

サンプルコードはここ
https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples/tree/master/language/cloud-client/v1

環境構築

speech apiと同様に、該当のディレクトリに移動して以下のコマンドを実行

pip install -r requirements.txt

動作確認

python quickstart.py

speech apiと同様に下記のコードの方がオススメ
https://cloud.google.com/natural-language/docs/reference/libraries?hl=ja