Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby勉強その3

しばらく投稿が出来ずにいましたが、その間も本自体は読み推めていました。
第5章まで終了しましたが、今回は前回の続きということで第4章の感想等を書いていきたいと思います。

○気になったこと
1.配列の要素外を指定してもエラーにならない
JavaとかだとArrayIndex~Exceptionでエラーになったと思いますが、
Rubyはnilが帰ってくるだけということで、配列1つとっても言語ごとの違いは面白いなと思いました。

2.配列にも多重代入が使用できる
戻り値として配列の形を取るメソッドに使えるのは便利と感じた反面、
使い方に悩むなと思いました。

3.for文を基本的に使わない
これがこの章で1番驚いたトピックです。
今までは基本的に配列(List)はfor each文で値を取得していく形が多かったので。
ただ読み推めていくと配列で使用できるメソッドはどれも便利なものばかりなので、
他の言語でも使いたいなと思いました。

難しかったこと
1.各配列メソッドの戻り値
mapやselect、injectなどメソッドによって戻り値が違うことで少し混乱することがありました。
この部分について復習をしてしっかり理解する必要があると感じました。

2.ミュータブル、イミュータブル
変更が可能かそうでないかの違い。言葉にすると簡単ですが、概念の完全な理解は長い道のりのきがしてきました...。
これから色々な勉強ををする必要があると感じました。

今回の配列も奥が深く、重要な内容でしたので読み直して理解を深めたいと思います。

内容は以上です。ありがとうございました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away