MySQL
CentOS
OSS
Metabase
BIツール

CentOSにMetabaseを構築する方法


構築


単純にやるならめっちゃ簡単。jar取ってきて配置して実行するだけ。

今回は、メタデータの管理DBをデフォルトのH2からMySQLに変更する。

そしてサービスとして運用する。



AP


インストール & 初期設定


DB



  • 管理用のDBスキーマ作る。

    DROP SCHEMA IF EXISTS metabase;
    
    CREATE DATABASE metabase
    DEFAULT CHARACTER SET utf8;



AP



  • デプロイ


    • バージョンは調べて適宜変えてね。

    mkdir -p /opt/metabase
    
    cd /opt/metabase
    curl -LO http://downloads.metabase.com/v0.31.2/metabase.jar



  • 起動スクリプトを生成

    cat << EOS > /etc/systemd/system/metabase.service
    
    [Unit]
    Description=Metabase - Data visualization platform
    After=syslog.target
    After=network.target
    After=remote-fs.target
    [Service]
    Environment=MB_DB_TYPE=mysql
    Environment=MB_DB_DBNAME=metabase
    Environment=MB_DB_PORT=3306
    Environment=MB_DB_USER=mysql-user-name
    Environment=MB_DB_PASS=mysql-secure-password
    Environment=MB_DB_HOST=mysql.host.name
    Environment=MB_JETTY_PORT=3000
    WorkingDirectory=/opt/metabase
    ExecStart=/usr/bin/java -jar /opt/metabase/metabase.jar
    ExecStop=/bin/true
    Restart=always
    Type=simple
    StandardOutput=syslog
    StandardError=syslog
    SyslogIdentifier=metabase
    User=root
    Group=root
    StartLimitBurst=50
    [Install]
    WantedBy=multi-user.target
    EOS
    chmod 755 /etc/systemd/system/metabase.service



  • リロード

    systemctl daemon-reload
    



起動



  • サービスを起動する。

    service metabase start