Posted at

cap deploy で git remote update に失敗したときにやった対応

More than 1 year has passed since last update.

CapistranoでRailsアプリをデプロイする際に、適当に test とか tmp とかの一時的なブランチ名を使いまわしていて、 git remote update に失敗していたので、対応した方法をメモ。

とりあえず対応で、ちゃんと原因とかは調べきれていないです。

あくまで自分がやったことをメモしてるだけ。


結論

デプロイ先の /repo/refs/heads 内になるディレクトリを削除する


環境


  • Capistrano3.2

  • リモートサーバは AWS(AmazonLinux)


実際の手順


  1. リモートサーバにログインして、デプロイ先ディレクトリに移動


  2. /repo/refs/heads の中を確認

  3. 更新に失敗してるブランチと同じ名前のディレクトリがあったので rm -rf

  4. デプロイを再実行 -> 成功