1. Kohey222

    No comment

    Kohey222
Changes in body
Source | HTML | Preview

はじめに

pythonではpyenvというツールを使うことで、複数バージョンのpython環境を簡単に切り替えることができるようになります。2系列と3系列との切り替えにおいて重宝します。では、早速pyenvによる、pythonのバージョンを変更の仕方を説明します。

開発環境

OS:macOS Mojave(10.14.4)

インストール可能なpythonのバージョンを確認する

$ pyenv install --list

ここでpyenvがインストールできていない人はHomebrewを使ってインストールしましょう。

$ brew install pyenv

それぞれのバージョンのpythonをインストールする

$ pyenv install 3.7.2
$ pyenv install 2.7.10

変更可能なpythonのバージョンを確認する

$ pyenv versions
  system
* 3.7.2 (set by /Users/user/.pyenv/version)

現在のpythonのバージョンを確認する

$ python --version 
Python 2.7.10

pythonのバージョンを変更可能なバージョンに変更する

$ pyenv global 3.7.2
$ python --version
Python 2.7.10

ここでpythonのバージョンが適切に変更されていませんね。次のコマンドを入力してください。(以下記事が参考になります。)
pyenvがバージョンを切り替える仕組みを理解する

$ eval "$(pyenv init -)"

再度、pythonのバージョンを確認してみましょう。

$ python --version
Python 3.7.2

きちんと変更できましたね。

仕組みとしてはeval "$(pyenv init -)"で環境変数PATHに.pyenv/shimsを追加し、pyenv globalやpyenv localで該当バージョンのpythonを.pyenv/shimsにコピーしているようです。

pyenvがバージョンを切り替える仕組みを理解するより引用)

参考記事

pyenvがバージョンを切り替える仕組みを理解する
pyenvを使って、pythonバージョンの変更