Help us understand the problem. What is going on with this article?

⛓️solidityでブロックチェーンに文字を書いてみた⛓️

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この記事ではsolidityというjsライクな言語をつかってブロックチェーンにメッセージを書いたり、ブロックチェーンに書かれているメッセージを取得したいと思います。

ダウンロード.png

どのバージョンのsolidityで書くかを明記

pragma solidity ^0.4.18;

contract の定義

contract Message{

}

ブロックチェーンにメッセージを書いてみる

contractのなかに 書かれたメッセージを引数にもち、その引数をブロックチェーン上に記述する関数を書く。

   string public message;

 function createMessage(string writtenMessage) public {

        message = writtenMessage;

    }

ブロックチェーンに書いたメッセージを読む

contractのなかに ブロックチェーン上に保存されているmessageという変数の値を返す関数を書く。

function readMessage() public view returns(string) {

        return message;

    }

以上でsolidityでかく処理は終わりました。あとは、このcontractをデプロイしてweb3.jsを使ってフロントエンドと繋げれば動きます! ちなみに ブロックチェーンにメッセージを書く処理はweb3.jsのmethods.myMethod.send()を使わないといけないのに対し、ブロックチェーンに書いたメッセージを読む処理はweb3.jsのmethods.myMethod.call()を使います。なぜなら 書き込むのにはethが必要ですが 読むのにはethが必要ないからです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした