GitHub
SourceTree
pageant
環境構築手順

環境構築 003 GitHub SSH接続設定

1. 概要

SourceTreeからGitHubに、SSH接続を行う。
SSH公開鍵(Public key)/秘密鍵(Private key)のペアは、SourceTreeインストールと同時にインストールされた、[Putty Key Generator] で作成
公開鍵(Public key)をGitHubサーバー側に、秘密鍵(Private key)をクライアント側に保管。
ネットワークは、プロキシ設定がない環境。

2. 事前確認/準備

2.1. SourceTree オプション設定確認

どのタブも、デフォルト設定から変更なし

2.1.1. SourceTree オプション 全般タブ

SourceTreeのメニューバーから「ツール」‐「オプション」をクリック

SourceTree-pre-001-ok.PNG

オプション画面の「全般」タブを確認

※SSH クライアントは、[Putty / Plink]のままで

SourceTree-pre-002-1-ok.PNG
SourceTree-pre-002-2-ok.PNG

2.1.2. SourceTree オプション 認証タブ

オプション画面の「認証」タブを確認

SourceTree-pre-003-ok.PNG

2.1.3. SourceTree オプション ネットワークタブ

オプション画面の「ネットワーク」タブを確認

※プロキシ設定がない環境なので、とくに変更なし

SourceTree-pre-004-ok.PNG

2.2. GitHub アカウント SSH Key 保管場所

【アカウントPublic profile画面】 の [Personal settings] にある [SSH and GPG keys] に保管するので、場所を確認

2.2.1. GitHub 【アカウントTOP画面】

【アカウントTOP画面】の左側にある「Edit profile」をクリック

GitHub-ssh-001-ok.PNG

2.2.2. GitHub 【アカウントPublic profile画面】

【アカウントPublic profile画面】の左側にある「SSH and GPG keys」のリンクをクリック

GitHub-ssh-002-ok.PNG

2.2.3. GitHub 【アカウントSSH and GPG Keys画面】

【アカウントSSH and GPG Keys画面】の右側にある「New SSH key」をクリック

GitHub-ssh-003-ok.PNG

2.2.4. GitHub 【アカウントSSH keys/Add new画面】

【アカウントSSH keys/Add new画面】の『Titleテキスト』に任意名称、『Keyテキストエリア』に、公開鍵(Public key)を貼り付け、「Add SSH key」をクリックして、公開鍵(Public key)を追加

※実際の手順は、 "3.2. GitHubへの公開鍵(Public key)登録" で

今回は鍵作成の暗号化方式には、ssh-rsa 方式を使用

GitHub-ssh-004-ok.PNG

GitHub側の確認は、一旦、ここまで。

2.3. 秘密鍵(Private key)保管ディレクトリの作成

秘密鍵(Private key)の保管場所となるディレクトリを、ログインユーザのディレクトリ直下に、「.ssh-key」ディレクトリをコマンドラインから作成

SourceTree-pre-201-ok.PNG

3. SSHキー作成/GitHubへの登録

3.1. SourceTree SSHキー作成

3.1.1. [Putty Key Generator]の起動

SourceTreeのメニューバーから「ツール」‐「SSH キーの作成/インポート」をクリック

SourceTree-pre-101-ok.PNG

3.1.2. public/private key pair の作成

[Putty Key Generator]が起動したら、Parametersエリアの鍵方式は『RSA』を選択し、Actionsエリアの「Genarate」をクリック

SourceTree-pre-102-ok.PNG

Keyエリアのメッセージのとおり、マウスを動かし、鍵作成を行う

SourceTree-pre-103-ok.PNG

鍵の生成が完了すると、『Public key』『Key fingerprint』『Key comment』がセットされた下記の画面を表示される

SourceTree-pre-104-ok.PNG

3.1.3. 秘密鍵(Private key)の保存

Key passphrase』『Confirm passphrase』に任意の文字列を入力し、「Save private key」をクリック

SourceTree-pre-105-ok.PNG

下記、保存先ダイアログが立ち上がるので、"2.3. 秘密鍵(Private key)保管ディレクトリの作成" で作成したディレクトリパスを指定、任意のファイル名を入力し、「保存」をクリック

SourceTree-pre-106-ok.PNG

保存されたことを確認

SourceTree-pre-107-ok.PNG

3.2. GitHubへの公開鍵(Public key)登録

3.2.1. 公開鍵(Public key)のコピー

[Putty Key Generator]に Public key for pasting … と表示されているとおり、テキストエリアの文字列を全選択後、コピー

SourceTree-ssh-001-ok.PNG

3.2.2. GitHub 【アカウントSSH keys/Add new画面】へ貼り付け

Keyテキストエリア』に、"3.2.1. 公開鍵(Public key)のコピー" でコピーした文字列を貼り付け、『Titleテキスト』に、任意文字列を入力、「Add SSH key」をクリック

GitHub-ssh-005-ok.PNG

公開鍵(Public key)が保存されたことを確認

GitHub-ssh-006-ok.PNG

4. SourceTree から GitHub への接続 / Clone 実施

4.1. [Pageant(Putty authentication agent)]に、Private key file を追加

SourceTree 起動と同時に、[Pageant(Putty authentication agent)]が起動しているので、デスクトップ右下の通知バーを右クリック、[Pageant]アイコンを右クリック、「View keys」 をクリック

Putty-agt-001-ok.PNG

Putty-agt-002-ok.PNG

[Pageant Key List ダイアログ画面] が表示されたら、「Add Key」をクリック

Putty-agt-003-ok.PNG

"3.1.3. 秘密鍵(Private key)の保存" の Private key File を選択、「開く」をクリック

Putty-agt-004-ok.PNG

passphrase』の入力を求められるので、"3.1.3. 秘密鍵(Private key)の保存" で指定したpassphraseを入力し、「OK」をクリック

Putty-agt-006-ok.PNG

[Pageant Key List ダイアログ画面] に、Private key Fileが追加されたのを確認し、「close」をクリック

Putty-agt-007-ok.PNG

4.2. GitHub SSH接続でクローン実施

【アカウントTOP画面】の「Repositories」リンクをクリック、clone対象リポジトリのリンクをクリック

※今回は、curly-octo-enigma が対象リポジトリ

GitHub-repo-000-ok.PNG

【curly-octo-enigmaリポジトリ TOP画面】の真中右にある「Clone or download」をクリック

GitHub-repo-001-ok.PNG

GitHubに、SSH接続をしたいので、「Use HTTPS」 リンクをクリック

GitHub-repo-002-ok.PNG

Clone with SSH に切り替わったら、「コピーアイコン」をクリックし、SSH接続時のURLをクリップボードにコピー

GitHub-repo-004-ok.PNG

GitHub-repo-005-ok.PNG

4.3. SourceTree から Clone 実行

SourceTree の New tab の「Clone」をクリック

上から一番目に、”4.2. GitHub SSH接続でクローン実施 ”でクリップボードコピーした、SSH接続時のURL
上から二番目に、Clone対象リポジトリのクライアント保存先
上から三番目に、Clone対象リポジトリのクライアント名称(タブ名称となる)

クローン」をクリック

SourceTree-repo-003-ok.PNG

SourceTreeからGitHubサーバーに接続

SourceTree-repo-004-ok.PNG

GitHubサーバー接続が成功し、Clone処理も成功すると、下記画面が表示される

SourceTree-repo-005-ok.PNG