Keyboard
自作キーボード
TrackPoint

自作キーボードにトラックポイントを増設してみた


概要

ezgif.com-video-to-gif.gif

pic (4).jpg


  • ある日突然,自作キーボードの沼に浸かってしまった.

  • さらなる快適さを求め,気がついたら,DZ60を加工,キーボードケースを自作し,トラックポイントを増設することで,マウス操作が可能なキーボードを作成していた.

  • マウスが不要になり,かなり快適となりました!


注意書き


  • 本記事はキーボード完成後に記事にしているため,工程の写真が不足している箇所が多々あります.
    その点については何卒ご容赦ください

  • 一部PCB(基盤)を加工するため,正常に動作しなくなることもありえます.
    同様の増設を行うときは,自己責任 でお願いします.


材料


  • キーキャップ




  • PCB

    pic (20).jpg




  • キースイッチ


    • 記事では,Zeal PC社製Zilentスイッチ62g



  • トラックポイント付きUSBキーボードSK-8845(ヤフオクにて送料込みで1800円で落札)

    pp.jpg



  • パイプ


    • Albion Alloys社の外形4mmと5mmをアルミ製パイプを使用しました.(適当)

    pic (19).jpg




  • アクリル板


    • コレが一番大変.

    • 自分で加工したりもしましたが汚くなってしまったので,結局アクリ屋さんhttp://www.acry-ya.com/に依頼しました.

    • 詳しいサイズとかについては,微妙に違ってくる気がするのでしっかり計測して作ったほうがいいと思います.

    IMG_20190528_203258.jpg



  • M3ネジ,M3スペーサー,ナット



機材


作成手順


PCBとキースイッチを好みの配列にはんだ付け

dz60のプレート固定穴を利用してトラックポイントを増設します.
この時にどこにトラックポイントを設置するか考えておいたほうが,幸福度が高いはずです.


トラックポイントの取り出し

分解はそこまで複雑ではないので誰でも分解できるかと思います

トラックポイント部分と,USB変換基盤,ケーブルとフレキケーブルを取り出します.

pic (21).jpg pic (1).jpg

上記の画像は記事用に購入&別撮りしたので,今回使用しているトラックポイントとは違うものになります.


トラックポイント用の加工



  • トラックポイント


    • トラックポイントの構造としては,圧力センサ利用されているようです.右の方に圧力がかかれば,マウスポインターを右にといった具合でしょうか.

    • 取り出したばかりの基盤ではdz60の基盤では高さが低すぎて操作できないので,パイプを使って高さを上げます.

    • パイプは4mmものを少し高めにカットし,トラックポイント基盤に固定しました.

    • トラックポイントは同じキーボードでもメーカーが異なることがあり,微妙に直径が違うらしく,工夫してパイプを設置する必要があります.(参考画像)

    • 4mmパイプだけだとぐらついてしまったので,5mmパイプで支えています.

    pic (18).jpg




  • PCB穴あけ


    • 高さを上げたパイプをキーボードの表面部分まで通すために,dz60に最初から用意されているプレート固定穴を拡張します.

    • 関係ないところを傷つけないように,ヤスリでひたすら削ります.(10分位)

    pic (13).jpg




  • キーキャップ穴あけ


    • 本記事では「3」と「4」の間を利用していますが,「G」と「H」の間の穴でも作成できます.

    • PCBの位置と連動するキーキャップを削ります.

    • ヤスリでもいいのですが,私はめんどうなのではんだごてで大まかに溶かした後で,爪切りとヤスリで仕上げました.

    pic (17).jpg




アクリルプレートを用意

市販のケースではおそらく収まらないので,ケースを自作しました.

私はアクリルプレートでUSB変換基盤とトラックポイント基盤をサンドイッチすることにしました.

下側:USB変換基盤を固定する位置と,上側との固定穴4つが必要です.

上側:下側との固定穴4つに加え,トラックポイントパイプ穴,PCBの固定穴が必要です.

pic (9).jpg

(とても分かりづらい...)


組み立て

いい感じに取り付けます.アクリルプレートの穴位置を間違えたとしても,削れば多少はカバーできます.

pic (16).jpg


  • トラックポイントに使用するだけなのに,USBケーブルが長すぎるので,カットして短くしました.USBケーブルは加工がしやすいので,練習しておくと短いケーブルや長いケーブルが自分で作れるようになるのでおすすめです.

  • トラックポイントは下側か上側に固定する必要があります.個人的には上側に両面テープで固定していいかと思います.

  • ただし,取り出したトラックポイントのメーカーによっては圧力センサがプレート部分に接してしまい,動かないことがありますので,微調整ください.


完成

pic (3).jpg pic (6).jpg pic (7).jpg


使用感とか

使用感としては,かなり良いです.もともと「3」「4」キーの間にマウスがあったら常々感じていたので満足の出来です.(マウスともおさらばです!!)

マウスのクリックはqmkで別キーに割り当てているので,問題なしです.

少し厚みが出てしまった点が課題ですが,もともとパームレストを愛用しているため,結果ちょうどよい感じになりました.

「基盤むき出しやんけ」と言われることもありますが,dz60 は基盤自体がかっこいいので,ありだと思ってます.