Arduino
RaspberryPi
USB
type-c
XH

目次

  • 機器間コネクタ
  • 基板で利用するコネクタ
  • 気になる部品

機器間コネクタ

とあるターゲットと、それを制御するマイコン側との接続のコネクタを探したが、なかなか丈夫なやつが見つからない。内部配線用では、堅牢性が足りずすぐだめになりそうだし、業務用では大きすぎたりする。

適切な使い方ではないが、USB Type-Cを使うことにした。秋月電子で購入したreceptacleのbreakoutで、これならリバーシブルで利用できるので接続も簡単である。すべてのピンが利用できるわけではない。マイコンなしでリバーシブル接続できるわけではなくて、その前の段階の接続でリバーシブルになるところのみ利用できるもの。2018年4月で350円だった。まだUSB Type-C関連は高い。

秋月電子 USB Type-CコネクタDIP化キット(シンプル版)

基板で利用するコネクタ

ブレッドボードの信頼性が低いというか、実用で使おうとするとすぐ抜けたりするので
基本的に全部半田付けすることにした。でも、取り外したい部分があるのでコネクタにしたい。
何が一番いいか調べてみる。

XHコネクタ

秋月電子でXHコネクタをいくつか買って試したところ、丈夫で良好なので疑問点を整理しておく。

種類 特徴 ピッチ
XHコネクタ メーカーサイト 2.5mm
PHコネクタ メーカーサイト 2.0mm
VHコネクタ メーカーサイト 3.96mm
SHコネクタ メーカーサイト 1.0mm

pitchを見ると、universal 基板では、2.5mmピッチのXHコネクタが良さそうだ。

XHコネクタセット

秋月電子で単体で買うよりは、ebayのセットが安いのだが本物だろうか...プロトタイプなのでとりあえずebayでセットの商品をオーダーした。純正品のreceptacleとeBayの格安セットの接続は問題なかった。

XHコネクタ用のツール

金属とwireをかしめるためのツールはENGINEER PA-21を利用した。
1.6mmを利用しないと、サイズが大きくなってしまって、ハウジングに収まらなくなるので注意。

XHケーブル

ebay.comなどでXHのpin数に応じて、配線済みのケーブルが発売されている。
手間が省けて効率がよいし、信頼性もあるようなので、2pin, 3pin, 4pin, 5pinのケーブルを発注して使うようにした。

気になる部品