Help us understand the problem. What is going on with this article?

04.SpeedIndex - High Performance Web 2015

More than 3 years have passed since last update.

SpeedIndex

指標の一つ、 SpeedIndex について。

ドキュメントとしてはここに書かれてる。というのもあって、出典は Google と認識している。

https://sites.google.com/a/webpagetest.org/docs/using-webpagetest/metrics/speed-index

要するに

こういう違いを

filmscript

こうやって数値化する

high speedindex
low speedindex

式はこう。

logic

つまり、小さければ小さいほどよいことがわかる。
(最初の 1ms で 100% になれば、スコアは 0)

画像はっただけだが、説明いらなくて困る。
これによって、同じ表示時間でも、体感として「表示された感」に近いものを現せていると見てもまあ良さそうだろう。

Response Time が同じでも、 SpeedIndex の値が悪ければ、せっかくのチューニングがフロントでだいなしになっている事が数値でわかる訳である。

測り方

式を見ると、 1ms ごとに完了率を出して加算 ということだが、この完了率はどうだすかという問題がある。

G 様曰く方式は二つ

  • ビデオとってピクセル数える
  • Paint Event を取る

まあ、そうだろう。ただこれを自分でやる訳じゃない。ツールを使う。
ツールが出てきたからこそ、この指標が注目されているという意味でもある。
(自分で測定したい人は、前述のドキュメント読んで頑張ってほしい)

測定方法

最近のツールでは割とはかれるようになってきている。
よって、最近のツール紹介でまとめてやる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away